世界一周旅物語の記事を探す
世界一周旅行メルマガ
「初対面は緊張するなぁ〜」「なにを話そうかな・・・」、そんな経験ありませんか? 世界一周旅行中の添乗員夫婦が言葉の壁を超え、世界の人に触れていきます。「人とのコミュニケーション」に興味がある方は、ぜひ無料メルマガを登録してください。もっと人が好きになります!  詳しくはこちら
メルマガ無料登録
@メールアドレスを入力して、A登録ボタンを押すと確認メールが届きます♪

@メールアドレス(半角):
A

世界一周旅行夫婦
世界を旅しています!

きょうさん、たかさん
添乗員夫婦の紹介

世界一周旅行リンク
世界一周サイト
せかたび夫婦と同じように世界一周旅行に出発されている方や、たび好きの方が運営されているサイトをご紹介しています。あなた旅にお役立てください。
リンクページはこちら
●相互リンクをご希望の方
こちらからどうぞ



 ホーム > せかたび日記 > ●ノールカップで白夜体験
2005年07月08日
●ノールカップで白夜体験

「白夜」・・・幻想的な響き。
そう、太陽が沈まない。だから暗いはずの夜が白く、というより薄暗いイメージを持っていた。

でも実際は、夜なのに昼間くらいの明るさだった!

モンゴルでもロシアでも今の時期とても日が長い。夜の10時や11時くらいまで明るく、生活リズムが狂いそうだった。フィンランド北部から北極圏に入ると、日は沈まない。車の中で眠っていても、いつが朝なのか、分からないくらいだ。


太陽の沈まない様子がよく見えるノルウェーの北端、ノールカップへ行ってきた。

ノールカップは島にあって、本土から海底トンネルを通じて渡る。海底トンネルに入ったとたん、急な下り坂、半分くらいのところで、今度は上り坂になる。これが無料なのか!と驚いていたら、トンネルを出たら、料金所があった。どうやら表示を見落としていたらしい、、、約3,300円くらいする。高いなぁ〜


この辺りは、北欧ならではのトナカイもたくさんいる。トナカイも暑いせいか、万年雪のところに集まったり、トンネルの近くにたむろしていたりする。道路にピョンと出てくるから危ない、、、

このノールカップで、太陽が沈まない光景に出会える。それまでに抱いていた想像を超えるような景色を目の当たりにして、(自然には勝てない)と思った。地球儀のようなモニュメントがまたいい味を出していた。200度以上は、水平線で、地球は丸い!と感じる場所でもある。

夜中の1時や2時になっても、夕方くらいの明るさだ。そして、朝の太陽も素晴らしかった。サンサンと照りつける日差しだけど、カラっとしている。また日陰に入ると、とっても気持ちがいい!

冬になると、太陽が昇らない期間があるそうだ。それはそれで、とても美しい光景らしい。そして、冬名物のオーロラ。ノルウェーという国は、なんて幻想的な素晴らしい自然に出会えるのだろう・・・

冬のノールカップも見てみたいなぁ〜。



たかさん♀



■コメント

太陽が沈まない、白夜はすばらしい体験ですね!五木寛之著の「白夜」と「燃える秋」を読み直しました。

投稿者 kiyoshi : 2005年07月11日 22:22

海底トンネルになっていたとは……。
昔はフェリーでホニングスボーグに渡りました。
しかし、ちょっと駆け足過ぎませんか?
ノルウェーとロシアの国境も見てきてほしかった。。。

投稿者 Когда-нибудь на мосту Мойки : 2005年07月12日 08:16



■コメントを書く
コメント登録機能を利用するには、TypeKey トークンを設定してください。

世界一周旅物語(せかたび)−世界のいまには夢がある!
E-Mai:mail@sekatabi.com   URL:http://www.sekatabi.com/
●相互リンクをご希望の方へ こちらで受付中です! ●テキストリンク広告 メールで受付中です!

世界一周旅物語(せかたび) Copyright © 2004-2017 All Rights Reserved. HP