世界一周旅物語の記事を探す
世界一周旅行メルマガ
「初対面は緊張するなぁ〜」「なにを話そうかな・・・」、そんな経験ありませんか? 世界一周旅行中の添乗員夫婦が言葉の壁を超え、世界の人に触れていきます。「人とのコミュニケーション」に興味がある方は、ぜひ無料メルマガを登録してください。もっと人が好きになります!  詳しくはこちら
メルマガ無料登録
@メールアドレスを入力して、A登録ボタンを押すと確認メールが届きます♪

@メールアドレス(半角):
A

世界一周旅行夫婦
世界を旅しています!

きょうさん、たかさん
添乗員夫婦の紹介

世界一周旅行リンク
世界一周サイト
せかたび夫婦と同じように世界一周旅行に出発されている方や、たび好きの方が運営されているサイトをご紹介しています。あなた旅にお役立てください。
リンクページはこちら
●相互リンクをご希望の方
こちらからどうぞ



 せかたび > 世界一周旅行の旅ルート


せかたび夫婦は、
「第6ステージ」ニュージーランドで生活中です。


【最新】車で旅したニュージーランド情報はこちら

せかたび第6ステージ−ニュージーランド北島


このページでは、
せかたび夫婦のこれまでのルート、これからのルートをご紹介しています。
(せかたびは、こんなルートでやってきたんだ!)(次はあそこへ行くんだ!)
そんなことを知ってもらえるとうれしいです。

日本の春先である「4月ころから秋の10月ころ」までは暖かい北半球を訪問。北半球が寒くなる「11月から3月ころ」は、南半球を訪問していく、ベスト観光シーズン訪問作戦です。

全体的なイメージとしては、2年半の計画を立てています。(2005年5月)
2005年11月の盗難被害により、日本へ一時帰国。計画変更。
修正後の計画は、通算1年半の世界一周に変更しており、2007年2月帰国予定?です。(2006年2月更新)
2006年11月、ニュージーランド入国。就職、ワークビザ取得に伴い、世界一周旅行は計画変更。旅の継続は、将来へ延期となりました。ただいま、第6ステージとして永住権取得の準備中です。(2007年3月更新)

2006年2月1日現在の計画ルート




■第1ステージ = アジア@(2005年5月27日〜2005年6月28日)

テーマは、「勇気」。
●5月27日、関西国際空港を出発。
せかたびの第1訪問国、中国へ渡たり、この世界一周旅行がはじまりました。
その後、モンゴルで大草原を満喫、シベリア鉄道でロシアに入国しました。
世界一周の旅を決断した勇気は、環境に順応していく対応力に、形に変えていっています。




■第2ステージ = ヨーロッパ@(2005年6月28日〜2005年11月17日)

テーマは、「発見」。
●ロシア・サンクトペテルブルグより、エストニアタリンへ。
見所満載のヨーロッパを効率よく周るために、車を購入し、フィンランドへ渡りました。
スカンジナビア半島北端、ノルウェー・ノールカップ岬で白夜を体験し、ノルウェーを南下。
その後、スウェーデン、デンマーク、ドイツ、オランダ、ベルギーと経由し、
フランスより、きょうさんあこがれの国イギリスへ。
アイルランドへ数日渡り、再びイギリスに。そしてフランス、スペイン、ポルトガルを訪問します。
新たな発見に出会う毎日を送っていましたが・・・ 不覚にも盗難に遭い、一時帰国。。。







■第3ステージアフリカ・中東
(2006年2月17日〜2006年5月8日)

テーマは、「自然」と「文明」。
●盗難被害による日本への一時帰国を三ヶ月経て、南アフリカケープタウンから第3ステージを再出発。ケープタウンの物価の高さに驚き、わずか4泊で北上を開始。ザンビアでビクトリアの滝を見学後、この世界一周旅行の一大目的だったキリマンジャロ登山へ向けてタンザニア入り。その後ケニアで自然動物と対面、空路にてエジプトへ。
「文明の母」といわれるだけあってエジプトの遺跡にたた唖然!イスラエルでは宗教を感じ、ヨルダン、レバノン、シリアでは遺跡めぐりに夢中になり、東西文明の十字路トルコでカッパドキア、パムッカレの自然にひたりました。
約三ヶ月に渡った第3ステージは、「自然」と「文明」を感じながら、自分たちの夢を追いかける毎日でした。

せかたび

せかたび3−2



■第4ステージヨーロッパA
(2006年5月9日〜2006年9月23日)

テーマは、「芸術」。
●トルコより、バスでブルガリアへ入国。
昨年ヨーロッパ@ステージを周遊中に考えた「ペンション経営」を模索。ブルガリアでは外国人起業が困難、北のルーマニアでは起業は可能でありましたが、資金とニーズが足りないと判断。土地購入にも挑戦しましたが縁がなく、旅を再開。
ルーマニアから、セルビア、ボスニア・ヘルチェゴビナを通ってクロアチアへ。アドリア海の宝石といわれるドブロブニクを満喫して、フェリーでイタリアへ。ナポリ、フィレンツェ、ローマ、ミラノと「芸術」に触れながら北上をつづけ、フランスリヨンに停まっているせかたび号と11ヶ月ぶりの再会。
車での旅は、マッターホルンなどスイスの山に感動し、ドイツロマンティック街道やチェコの建物も「芸術」そのもので、写真は止まらない。オーストリアではオペラ観賞をし、優雅な気分を味わいつつ、ポーランドのアウシュヴィッツへ。人間の不可思議をひしひしと感じ、健全な価値観を持ちたいと切に思う。バルト三国を北上し、エストニアでせかたび号の売却に成功。空路にてトルコへ飛びました。

せかたび
2006年9月23日終了



■第5ステージアジアA
(2006年9月25日〜現在

テーマは、「市場」。
●タイ、発展をつづけるインドを訪問します。
当初は、タイより、カンボジア、ベトナム、ラオス、中国南部などを巡るルート、また、ミャンマー、バングラディシュを経由してのインド行きルートなどを考えていましたが、もっとも見たかった2ヵ国に絞り、次のステージに焦点をあてています。

せかたび−第5ステージ

せかたび−第5ステージ、タイルート

せかたび 第5ステージ インドルート
2006年10月12日現在の予定ルート



■第6ステージオセアニア(ニュージーランド)


テーマは、「雄大」。
●日本では寒い季節であるこの時期に、アフリカ大陸以来となる南半球へ。
ふたりともワーキングホリデーで滞在経験があるので、オーストラリアへは立ち寄らずニュージーランドへ向います。山、湖、大自然にかこまれて「雄大」な気持ちを感じていきます。

せかたび−第6ステージ
2007年1月5日現在です


※追記
海外での起業チャンスをつかむため、ニュージーランドのオークランドで就職(11月28日)。ニュージーランドでの生活を通じて、将来の起業につなげたいと考えています。現在、永住権の取得に向けチャレンジ中!
詳細はこちら >>> ●世界一周を中断します。

よって、
第7ステージ以降は、将来へ延期です。



■第7ステージ南アメリカ


テーマは、「歴史」。
●新婚旅行でブラジル・ペルーを訪れて以来の南米。今回は、チリ・アルゼンチン国境付近から見られるパタゴニアの氷河をメインに計画しています。また南米最南端ウシュアイアからの南極行きも調査中。その後の北上ルートは、エンゼルフォール、ウユニ塩湖などを考えています。
南米周遊。自然と文化が混合した歴史の魅力たっぷりの国を感じていきます。




■第8ステージ中米


テーマは、「情熱」。
●メキシコ、コスタリカ、グアテマラ。
情熱の国を訪問し、人間の可能性を肌で感じます。




■第9ステージアメリカ・カナダ


テーマは、「未来」。
●せかたびラストステージ。
この旅で得たものを財産とするため、多くのチャンスと可能性を整理していきます。未来への架け橋ができあがります。



ベストシーズンでの訪問を心がけて計画した行程ですが、
旅を進めていく上で、変更していくことを十分に想定しております。







世界一周旅物語(せかたび)−世界のいまには夢がある!
E-Mai:mail@sekatabi.com   URL:http://www.sekatabi.com/
●相互リンクをご希望の方へ こちらで受付中です! ●テキストリンク広告 メールで受付中です!

世界一周旅物語(せかたび) Copyright © 2004-2017 All Rights Reserved. HP