世界一周旅物語の記事を探す
世界一周旅行メルマガ
「初対面は緊張するなぁ〜」「なにを話そうかな・・・」、そんな経験ありませんか? 世界一周旅行中の添乗員夫婦が言葉の壁を超え、世界の人に触れていきます。「人とのコミュニケーション」に興味がある方は、ぜひ無料メルマガを登録してください。もっと人が好きになります!  詳しくはこちら
メルマガ無料登録
@メールアドレスを入力して、A登録ボタンを押すと確認メールが届きます♪

@メールアドレス(半角):
A

世界一周旅行夫婦
世界を旅しています!

きょうさん、たかさん
添乗員夫婦の紹介

世界一周旅行リンク
世界一周サイト
せかたび夫婦と同じように世界一周旅行に出発されている方や、たび好きの方が運営されているサイトをご紹介しています。あなた旅にお役立てください。
リンクページはこちら
●相互リンクをご希望の方
こちらからどうぞ



 ホーム > せかたび日記 > ●ブリクスダール氷河で遊ぶ
2005年07月18日
●ブリクスダール氷河で遊ぶ

「ガイランゲルフィヨルドに来たからには、この氷河を見ておきたい。」そんな想いで足を延ばした。「こんな夏場に氷河!?」とはじめは不思議だった。

このブリクスダール氷河は、車で簡単に行ける。国立公園なのに、無料!駐車場から歩きはじめると、途中には、雪解け水の豪快な滝があったりする。片道45分くらいのハイキングを楽しみながらたどり着く。

氷河は山の中腹くらいのところに、今にもすべり落ちてきそうだった。氷河にも触れる。まさに氷、そのものだった。
近くまで行くと、さすがに半袖では寒い。ジャンバーを着込む。

写真好きのきょうさんは、目を輝かして、カシャカシャやっている。

その間私は何をしているかと言うと、冷たい雪解け水を飲んだり、持ってきていたりんごやトマトを冷やして食べたりしていた。おいしかった〜

以前、ニュージーランドでも氷河ハイキングをしたことがあった。それは、町からヘリコプターを使って、山の上の氷河まで行って、ハイキングを1時間ほどして、またヘリコプターで町まで戻ってくるといったツアーだ。

氷河は残念なことに、温暖化などの影響で、年々小さくなっているようだ。このブリクスダール氷河にも、「1,800年前の氷河は、この位置です」という標識が、現在の位置より数キロ離れた場所に立ってあった。現在はこんなにも短くなっているのかと思うと信じられなかった。今後もどんどん短くなっていくのは、残念だ。

ノルウェーにやって来て、日本にいるときよりも、地球のことを考えるようになった。それは、ノルウェーという国自体が、地球の問題点を指摘しているように感じたからかもしれない。ひとりひとりの人間がそんな意識をもつような地域づくりになっているように思う。

こんなに緑が多く、川の色もエメラルドグリーンのような、澄み切った水は素晴らしい。どこの場所へ行っても、どんな山奥でもゴミ箱は必ずある。休憩場所もトイレもきれいだ。車椅子のマークが書かれた駐車スペースは至るところにあって、障害者の方への配慮も行き届いてる気がする。ほとんどの道が幅広く、運転休憩ができるように、ベンチもたくさんある。

ノルウェーのGNP(国民総生産)は、日本より100万円ほど高く(2003年世界銀行数値)、発展している国なのに、なんて心も豊かな国なんだろうと思った。

私も、ひとりの人間として、このまま美しい地球であることを願い、環境のことを、もっと考えていきたい。

たかさん♀



■トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
 http://www.sekatabi.com/mt/mt-tb.cgi/152

■コメント


■コメントを書く
コメント登録機能を利用するには、TypeKey トークンを設定してください。

世界一周旅物語(せかたび)−世界のいまには夢がある!
E-Mai:mail@sekatabi.com   URL:http://www.sekatabi.com/
●相互リンクをご希望の方へ こちらで受付中です! ●テキストリンク広告 メールで受付中です!

世界一周旅物語(せかたび) Copyright © 2004-2017 All Rights Reserved. HP