世界一周旅物語の記事を探す
世界一周旅行メルマガ
「初対面は緊張するなぁ〜」「なにを話そうかな・・・」、そんな経験ありませんか? 世界一周旅行中の添乗員夫婦が言葉の壁を超え、世界の人に触れていきます。「人とのコミュニケーション」に興味がある方は、ぜひ無料メルマガを登録してください。もっと人が好きになります!  詳しくはこちら
メルマガ無料登録
@メールアドレスを入力して、A登録ボタンを押すと確認メールが届きます♪

@メールアドレス(半角):
A

世界一周旅行夫婦
世界を旅しています!

きょうさん、たかさん
添乗員夫婦の紹介

世界一周旅行リンク
世界一周サイト
せかたび夫婦と同じように世界一周旅行に出発されている方や、たび好きの方が運営されているサイトをご紹介しています。あなた旅にお役立てください。
リンクページはこちら
●相互リンクをご希望の方
こちらからどうぞ



 ホーム > せかたび日記 > ●最後の晩餐とドウモ観賞
2006年08月06日
●最後の晩餐とドウモ観賞

ミラノの見所は、何と言ってもレオナルド・ダ・ヴィンチの大作『最後の晩餐』。この絵を見るためだけにミラノへ行く人もいるくらい、人を魅了する絵。

ミラノ 最後の晩餐

そうと聞いていても、絵画を含めた美術観賞に知識のないボクには、あまりピンと来ません。何をどのように見ていいのか分からない、、、どちらかというと無縁の世界。

それでもミラノの街を歩いてみたいと思っていたので、どこへ行こうか?と考えたら『最後の晩餐』になったんです。世界遺産にも指定されている『最後の晩餐』。せっかくだから見に行こう!と。

でも『最後の晩餐』は、誰でもいつでも自由に見られるわけではないんです。絵の色を保つために、室内が適温で保たれているそうで、一度に25人までが観覧できるようになっています。それも15分間。だから、個人で見る場合は予約しないいけません。

ミラノ 最後の晩餐

ボクらもミラノへ着く前に電話してみたけど、希望日は予約でいっぱい。翌日も、翌々日もチケットが取れないということで、観ることをあきらめていたんです。

「当日朝に行けば、キャンセル待ちで見られるかも?」そんな情報を得たので実際にサンタ・マリア・デレ・グラーツィエ修道院へ行ってみると、「キャンセル待ちは受け付けてないけど、午後1時だったら観られるわよ」だった。ラッキィー!

観賞料ひとり6.5ユーロを払って、チケットを手に入れることができました。んで、時間になると、同じ時間の鑑賞者が中へ案内されるんです。

待っている人が大きな携帯電話みたいものを耳にあてているので、なんだろう?と思ったらオーディガイドを聞いているんです。ガイドブックを持っていたら借りていなかったんだろうけど、『最後の晩餐』の知識がほぼゼロだから、こりゃ借りとかなもったいない!と思ってレンタル<1台2.5ユーロ。日本語あり>。

これが当たりでした!

ミラノ 最後の晩餐

オーディガイドを聞かなかったら、『最後の晩餐』を眺めて1分で満足だったかもしれません。それが『最後の晩餐』にまつわるいろんな話を聞かせてくれるから15分じゃ足りない!

「お前たちのうちのひとりが私を裏切るだろう」。

キリストがそういった瞬間、12人の使徒それぞれの反応がどうだったのかを分かりやすく説明してくれます。

また左上から右下への斜線と右上から左下への斜線が交わる部分にキリストの頭があるので、見ている人はそこに注目するようになっているとか、窓から入った光に照らされるように右側の使徒のほうが明るく描かれているとか、遠近法によって前後の距離感が出されているとか、使徒を3人組みにして描いているとか、テーブルの下にある扉で隠された部分は、実はキリストが処刑にかけられるときと同じように、足を組んでいたとか、興味深い話をたっぷりと聞かせてくれます。

見方の知らないモノが理解を深めるためには、知っている人から聞くのが一番ですね!

22年間かかった修復が1999年に完成し、現在のように観賞できるようになっているそうです。観賞後に通るブックショップで、『最後の晩餐』の解説資料も購入できるので気にある人はお買い求めを。。。


もうひとつミラノで見るべきものはドウモ。

ミラノ 最後の晩餐

ドウモといえばフィエンツェの印象が強かったのですが、ミラノのドウモも素晴らしかった!

入口でボディチェックを受けたあと中へ入ると、まるで美術館のように大きな絵がいくつも飾られています。大聖堂の中にあんな絵画が展示されているのは珍しいのでは?絵を見るだけでも行く価値アリです。

ミラノ 最後の晩餐

そして窓枠には美しきステンドグラスが輝いています。

ほとんどは似たようなトーンのステンドグラスなんですが、よく見ると違った雰囲気のものもあり、あきらかに時代を超えてほかの職人さんが作られたことが分かります。

見所は一番奥の三枚のステンドグラス。ヨーロッパ最大といわれるこのステンドグラスは見上げるくらいに大きく輝いています。神聖なる場所だと知りながら、そんな驚きの連続であるドウモです。

ミラノ 最後の晩餐

外側の北の入口からはドウモの屋根に上れます。
バチカンのサンピエトロ寺院やフィレンツェのドウモのように、屋根に上るだけでなく、屋根の上を歩けるのがうれしい!

細かい彫刻で施されたドウモが間近に見られるので、時間の許す方はぜひ。200段を超える階段ですが、リフトもあるのでご安心を(ひとり4ユーロ)。

ミラノ 最後の晩餐

高級な雰囲気が漂うミラノの街。「PRADA」の店の向いにある「マクドナルド」まで、違った雰囲気に感じます。

きょうさん♂

いつもありがとうございます♪
見聞を深めるには学習が大切ですね。今日もクリックよろしくお願いします。






■コメント

ああああ〜
行きたい!!ミラノ
憧れのミラノ・・・・

最後の晩餐。。。

芸術まみれの生活。観て、感じて、、、最高の贅沢ですね☆

個人的に写真を お願いしたいのが、ヨーロッパの花屋さん。
街のディスプレイ。
おしゃれな季節の秋がもうすぐ、到来ですね〜
とにかく、羨ましい。

まだ日本では無名かもしれないですが、
GSUSの服屋さんがあったらショップ画像みたいです。
個人的なお願いしちゃいました。
すいません。

投稿者 いとうちゃん : 2006年08月20日 22:08


世界一周旅物語(せかたび)−世界のいまには夢がある!
E-Mai:mail@sekatabi.com   URL:http://www.sekatabi.com/
●相互リンクをご希望の方へ こちらで受付中です! ●テキストリンク広告 メールで受付中です!

世界一周旅物語(せかたび) Copyright © 2004-2017 All Rights Reserved. HP