世界一周旅物語の記事を探す
世界一周旅行メルマガ
「初対面は緊張するなぁ〜」「なにを話そうかな・・・」、そんな経験ありませんか? 世界一周旅行中の添乗員夫婦が言葉の壁を超え、世界の人に触れていきます。「人とのコミュニケーション」に興味がある方は、ぜひ無料メルマガを登録してください。もっと人が好きになります!  詳しくはこちら
メルマガ無料登録
@メールアドレスを入力して、A登録ボタンを押すと確認メールが届きます♪

@メールアドレス(半角):
A

世界一周旅行夫婦
世界を旅しています!

きょうさん、たかさん
添乗員夫婦の紹介

世界一周旅行リンク
世界一周サイト
せかたび夫婦と同じように世界一周旅行に出発されている方や、たび好きの方が運営されているサイトをご紹介しています。あなた旅にお役立てください。
リンクページはこちら
●相互リンクをご希望の方
こちらからどうぞ



 ホーム > せかたび日記 > ●ウランバートルは刺激的
2005年06月02日
●ウランバートルは刺激的

モンゴルの首都には、国の人口300万人のうち、3分の1の100万人が集まっているらしい。だから、列車から見た大草原とはまったく異なる光景だ。国土のほとんどは大草原。しかし首都は立派な都市。そんなギャップを大きく感じた。もちろん、この世界一周旅行では、モンゴルの生活を感じてみたいと思っている。だからこのウランバートルだけで、モンゴルのすべてを感じるつもりはない。早くカントリーサイドへ出て行きたいと願っている。ただ、あまりにも想像していた都市と違うので、戸惑っている自分がいる。

モンゴルといえば、「ゲルハウス」のイメージが強い。またお国柄も中国に近いと想像していたが、ロシアの方が近いらしい。確かに建物も、中国風というよりはヨーロッパ風といったほうが適切だ。もっと殺風景だと思っていたので、意外だった。建物の高さも高くないので、空がよく見えて、広大な印象を持つ。ウランバートルに限って言えば、先進国の雰囲気がある。

そんなウランバートルで、恐怖を感じていることがある。道路の交通事情だ。北京よりも日本車を多く見かけるし、洗車場もよく目に付くくらいきれいな車が走っている。もちろん信号もある。ところが・・・

車は交差点に突っ込んでくる。右折車、左折車など、歩行者信号が青になっていようが、お構いなしで曲がってくる。「いったいどこを見ているんだ!」 そう怒鳴りたくなるくらいの運転だ。しかし、そうドライバーだけをとがめるのはナンセンスで、なんと歩行者も相当なもんだ。平気で道路を横断し、車の進行を妨げている。横断歩道なんてあってないようなものだ。この街は、ドライバーと歩行者の闘いの眼差しが飛び交っている。このウランバートルで道を歩くのはかなり神経を使う。今のところ事故は目撃していないが、いつ起きてもおかしくないような気がする。日本の交通マナーは安全だと思った。ボクらは、ビギナー歩行者らしく、おとなしく手を挙げて横断することにするつもりだ。



■トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
 http://www.sekatabi.com/mt/mt-tb.cgi/94

■コメント

首都ウランバートルに無事到着したのですね!無限大の草原と青い空が思い浮かびます!!首都の交通事情はヤッパリ北京同様無法地帯ですか!気をつけて旅を続けて下さい!

投稿者 kiyoshi : 2005年06月10日 15:21



■コメントを書く
コメント登録機能を利用するには、TypeKey トークンを設定してください。

世界一周旅物語(せかたび)−世界のいまには夢がある!
E-Mai:mail@sekatabi.com   URL:http://www.sekatabi.com/
●相互リンクをご希望の方へ こちらで受付中です! ●テキストリンク広告 メールで受付中です!

世界一周旅物語(せかたび) Copyright © 2004-2019 All Rights Reserved. HP