世界一周旅物語の記事を探す
世界一周旅行メルマガ
「初対面は緊張するなぁ〜」「なにを話そうかな・・・」、そんな経験ありませんか? 世界一周旅行中の添乗員夫婦が言葉の壁を超え、世界の人に触れていきます。「人とのコミュニケーション」に興味がある方は、ぜひ無料メルマガを登録してください。もっと人が好きになります!  詳しくはこちら
メルマガ無料登録
@メールアドレスを入力して、A登録ボタンを押すと確認メールが届きます♪

@メールアドレス(半角):
A

世界一周旅行夫婦
世界を旅しています!

きょうさん、たかさん
添乗員夫婦の紹介

世界一周旅行リンク
世界一周サイト
せかたび夫婦と同じように世界一周旅行に出発されている方や、たび好きの方が運営されているサイトをご紹介しています。あなた旅にお役立てください。
リンクページはこちら
●相互リンクをご希望の方
こちらからどうぞ



 ホーム > せかたび日記 > ●遊牧民の貴重な家畜たち
2005年06月06日
●遊牧民の貴重な家畜たち

(メェメェ〜)

最初の朝は、ヤギの鳴き声に起こされた。羊と合わせたその数、700頭。さらに牛が、親子で8組。馬までいる。ゲルを出ると、動物たちに囲まれていることが分かる。ここはムツゴロウハウスかと思ったくらい。

一番価値ある動物は羊らしい。ラム肉になるからだ。次は牛。たくさんのミルクと肉を生み出してくれるようだ。そしてヤギもミルクを出してくれる。馬は、競走馬となったりするようで、外国からも馬主が買いに来ることもあるようだ。

この動物たちが、家畜であるということを理解したのは、午後の乳搾りタイムであった。母と娘は、おもむろにバケツを持ち出し、ヤギの元へと近づいていった。そして、お乳をつかむと、慣れた手つきでお乳を搾り出していった。こんなに間近で見るのははじめてのこと。勢いよく飛び出すお乳が実にリアルだった。

(やってみる?)
そう微笑む母に促されチャレンジ!しかし出ない。(違うのよ。こうやって湿らしてから搾るの)そう見本を示してくれる母。おお!なるほど!確かにお乳が出る!驚いた!そうやってバケツいっぱいになるまで、お乳を搾っていく。

そうは言っても、1匹のヤギから出るお乳は限られている。ある程度出たら、次のヤギに移る。でもヤギも分かっているのか、逃げようとする。そこで、ヤギ捕獲縄でヤギを捕まえておくのが息子の役割だった。先に輪っかをつけた3メートルほどの棒を用意。それをヤギの角をめがけて引っ掛けていく。見事な棒さばきであった。息子が捕らえて、母娘が乳を搾る。家族のチームプレーであった。二日目はボクもやってみたが、ヤギに逃げられつづけ、息がハァハァ上がってしまった。ハードな仕事である。

ちなみに、牛の乳搾りも体験したが、ヤギのお乳は2つ。牛のお乳は4つなのだ。その分、牛のお乳の方が量が多い。こうしてバケツにためたお乳は、ミルクになったり、ヨーグルトになったり、またお酒にもなるそうだ。「人間」対「ヤギ」。「人間」対「牛」。毎日繰り広げられるこの闘いは、生きていくために必要な自然の原理に感じた。



■コメント


■コメントを書く
コメント登録機能を利用するには、TypeKey トークンを設定してください。

世界一周旅物語(せかたび)−世界のいまには夢がある!
E-Mai:mail@sekatabi.com   URL:http://www.sekatabi.com/
●相互リンクをご希望の方へ こちらで受付中です! ●テキストリンク広告 メールで受付中です!

世界一周旅物語(せかたび) Copyright © 2004-2019 All Rights Reserved. HP