世界一周旅物語の記事を探す
世界一周旅行メルマガ
「初対面は緊張するなぁ〜」「なにを話そうかな・・・」、そんな経験ありませんか? 世界一周旅行中の添乗員夫婦が言葉の壁を超え、世界の人に触れていきます。「人とのコミュニケーション」に興味がある方は、ぜひ無料メルマガを登録してください。もっと人が好きになります!  詳しくはこちら
メルマガ無料登録
@メールアドレスを入力して、A登録ボタンを押すと確認メールが届きます♪

@メールアドレス(半角):
A

世界一周旅行夫婦
世界を旅しています!

きょうさん、たかさん
添乗員夫婦の紹介

世界一周旅行リンク
世界一周サイト
せかたび夫婦と同じように世界一周旅行に出発されている方や、たび好きの方が運営されているサイトをご紹介しています。あなた旅にお役立てください。
リンクページはこちら
●相互リンクをご希望の方
こちらからどうぞ



 ホーム > せかたび日記 > ●遊牧民の食事は超質素
2005年06月08日
●遊牧民の食事は超質素

想像していたのは、肉料理。「モンゴル人は肉が好き」と聞いていたからだ。肉には不自由がないだろう。だからこそ、野菜を買って持って行ったくらいだ。

しかし、そうではなかった!

夏は、冷蔵庫がないのだ。だから肉の保管は難しいようで、肉はあまり食べないというのだ。干した羊肉を少し使うくらいで、肉料理と呼ぶにはほど遠いメニューだった。肉が食べられると期待していたのに、残念だった。では、どんな料理が出されるのか?次の期待だった。

主に、小麦粉を使う。餃子で使う皮のようなものを作り、じゃがいもや人参をペーストしたものをくるんで揚げた料理。あつあつで旨かった。ホクホクしながら食べる姿を見ては笑うお母さんと娘。小麦粉をこねて、米のようなかたまりを作り、それをゆでておかゆのように仕上げた料理。これは、お米?と思ったくらい、おかゆに近い口当たり。でも病気じゃないし、物足りなかった。小麦粉をこねて、麺を作り、それをたっぷりの野菜と合わせてラーメンのように仕上げた料理。これも美味かった!お代わりあるよと言われて(ジェスチャーでそう判断)、喜んで食べていた。

だいたい料理は一品。だからよく食べるボクには、正直言って物足りなかった、、、お代わりをしたボクだったが、遊牧民たちの食べる量はもっと少ない。それであんなによく働けるなぁ・・・と思った。遊牧民の生活環境にあこがれる部分もあるが、食事面だけは真似できない。エンゲル係数の高いボクらには想像しがたい現実がここにあった。日本での十分な食事環境が幸せだと感じた。



■トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
 http://www.sekatabi.com/mt/mt-tb.cgi/98

■コメント


■コメントを書く
コメント登録機能を利用するには、TypeKey トークンを設定してください。

世界一周旅物語(せかたび)−世界のいまには夢がある!
E-Mai:mail@sekatabi.com   URL:http://www.sekatabi.com/
●相互リンクをご希望の方へ こちらで受付中です! ●テキストリンク広告 メールで受付中です!

世界一周旅物語(せかたび) Copyright © 2004-2019 All Rights Reserved. HP