世界一周旅物語の記事を探す
世界一周旅行メルマガ
「初対面は緊張するなぁ〜」「なにを話そうかな・・・」、そんな経験ありませんか? 世界一周旅行中の添乗員夫婦が言葉の壁を超え、世界の人に触れていきます。「人とのコミュニケーション」に興味がある方は、ぜひ無料メルマガを登録してください。もっと人が好きになります!  詳しくはこちら
メルマガ無料登録
@メールアドレスを入力して、A登録ボタンを押すと確認メールが届きます♪

@メールアドレス(半角):
A

世界一周旅行夫婦
世界を旅しています!

きょうさん、たかさん
添乗員夫婦の紹介

世界一周旅行リンク
世界一周サイト
せかたび夫婦と同じように世界一周旅行に出発されている方や、たび好きの方が運営されているサイトをご紹介しています。あなた旅にお役立てください。
リンクページはこちら
●相互リンクをご希望の方
こちらからどうぞ



 ホーム > せかたび日記 > ●遊牧民の夜は満天の星空
2005年06月09日
●遊牧民の夜は満天の星空

「満天の星空」

モンゴル、それもゲルに泊まったら、ゼッタイに見たかった。「満天の星空」という響きにあこがれるし、この星空が日本をはじめ世界につながっていると思うとうれしくなる。最初の数日は雲が多くて、見ることはできなかった。ゲルに泊まったからといって、毎日見られないのが自然の難しさのようだ。

ある晩、夜中にふと目が覚めた。ストーブの煙突がゲルの天井を抜けていて、その隙間から星が見えた。(もしや・・・)そんな期待に胸を膨らませ、ゲルの外に出てみると、そこにはずっと待ち焦がれていた満天の星空が広がっていた。

(わぁ・・・)

どう表現したらいいのか分からなかった。(すごい・・・) それほど当たり一面に星が散らばっているのだ。

小学生のころ、顔を見上げればすべて見られるプラネタリウムは見たことがあるが、ここではその規模が違う。オーストラリアでキャンプツアーに参加したときも、きれいな星空を見上げながら眠ったことはあった。それでも周りは森に囲まれていたので、星空は見上げるという感覚だった。

地平線より上がすべて星。大草原に灯かりひとつないこの場所で、顔を見上げなくても、目の前が星空なのだ。360度、ぐるりと見回してもその星空は続いている。時おり、流れ星も落ちてくる。星の名前なんて、オリオン座くらいしか知らないのだが、ただ見とれていた。ここぞとばかりに、カメラを出してきて、撮ったこともない星空写真にチャレンジする。

真っ暗闇の中、(メェ〜)、(ングング・・・)ヤギや羊の鳴き声だけが聴こえる空間。「満天の星空」は惜しげもなく、そのすばらしさを見せてくれた。この言葉の響きがぴったりであった。これが見られるだけでも、ゲルに泊まる価値はある。



■トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
 http://www.sekatabi.com/mt/mt-tb.cgi/99

■コメント


■コメントを書く
コメント登録機能を利用するには、TypeKey トークンを設定してください。

世界一周旅物語(せかたび)−世界のいまには夢がある!
E-Mai:mail@sekatabi.com   URL:http://www.sekatabi.com/
●相互リンクをご希望の方へ こちらで受付中です! ●テキストリンク広告 メールで受付中です!

世界一周旅物語(せかたび) Copyright © 2004-2019 All Rights Reserved. HP