世界一周旅物語の記事を探す
世界一周旅行メルマガ
「初対面は緊張するなぁ〜」「なにを話そうかな・・・」、そんな経験ありませんか? 世界一周旅行中の添乗員夫婦が言葉の壁を超え、世界の人に触れていきます。「人とのコミュニケーション」に興味がある方は、ぜひ無料メルマガを登録してください。もっと人が好きになります!  詳しくはこちら
メルマガ無料登録
@メールアドレスを入力して、A登録ボタンを押すと確認メールが届きます♪

@メールアドレス(半角):
A

世界一周旅行夫婦
世界を旅しています!

きょうさん、たかさん
添乗員夫婦の紹介

世界一周旅行リンク
世界一周サイト
せかたび夫婦と同じように世界一周旅行に出発されている方や、たび好きの方が運営されているサイトをご紹介しています。あなた旅にお役立てください。
リンクページはこちら
●相互リンクをご希望の方
こちらからどうぞ



 ホーム > せかたび日記 > ●ロシア語圏の壁を感じる
2005年06月18日
●ロシア語圏の壁を感じる

はじめての国は、警戒心が沸いてくる。どんな街なのか、どんな人が住んでいるのか、気になるものだ。

モンゴルでお世話になった方から「青年海外協力隊はロシアから撤退した」と聞き、不安な気持ちがないわけではない。ロシアへの渡航者もそれほど多くないようだし、念には念を入れて、イルクーツクの地に足をつけた。

切符売場の女性はモデルさんのように美しく、歩く人はまるでデューク更家に習っているかのようにキマッている。車のクラクションもほとんど鳴っておらず、北京やウランバートルで見た光景とは全然違っていた。「シベリアのパリ」と呼ばれるらしいイルクーツクは、確かに美しい印象があった。

しかし、壁は厚かった。

言葉が通じない。中国やモンゴルでも言葉は通じなかったのだが、彼らからはまだ関わり合える雰囲気を感じた。目で表現したり、ジェスチャーで示してみたりするようなところがあった。しかしロシア人は、ジェスチャーは使わないし、ロシア語でまくし立ててくるように話すので、正直、参ってしまった。切符売場で切符を買うときも、街行く人にホテルの場所を尋ねるのも、冷たい雰囲気を感じた。

もちろん、すべての人がそうではないと思うのだが、ざっと10連敗と言うところだろうか・・・。まぁ外国人が日本に来たときに、英語が通じないからといって困られても仕方がないのだから、ロシアを知りたかったら、ロシア語を学んでおけということかもしれない(笑)。

もうひとつの壁に感じたのは文字が読めないこと。2泊目のホテルを探していたときなんて、地図のとおりなのに見つからない。5人に尋ねて、行ったり来たりしていたらなんと目の前を通り過ぎていたのだ。ホテルの文字も、名前の文字も、まったく予想しない文字だった。ほかにもスーパーマーケットとか、インターネットとか「キリル」と呼ばれるこの文字は、まさに暗号のようだ。

このことからも、モンゴルでどれほど日本の方にお世話になったのかが分かる。言葉にしても、文字にしても、その難易度はモンゴルもロシアも変わらないような気がする。これから世界を見ていくボクらには、これくらいの壁は早めに感じておいた方がいいのかもしれない。

きょうさん♂



■トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
 http://www.sekatabi.com/mt/mt-tb.cgi/111

■コメント


■コメントを書く
コメント登録機能を利用するには、TypeKey トークンを設定してください。

世界一周旅物語(せかたび)−世界のいまには夢がある!
E-Mai:mail@sekatabi.com   URL:http://www.sekatabi.com/
●相互リンクをご希望の方へ こちらで受付中です! ●テキストリンク広告 メールで受付中です!

世界一周旅物語(せかたび) Copyright © 2004-2019 All Rights Reserved. HP