世界一周旅物語の記事を探す
世界一周旅行メルマガ
「初対面は緊張するなぁ〜」「なにを話そうかな・・・」、そんな経験ありませんか? 世界一周旅行中の添乗員夫婦が言葉の壁を超え、世界の人に触れていきます。「人とのコミュニケーション」に興味がある方は、ぜひ無料メルマガを登録してください。もっと人が好きになります!  詳しくはこちら
メルマガ無料登録
@メールアドレスを入力して、A登録ボタンを押すと確認メールが届きます♪

@メールアドレス(半角):
A

世界一周旅行夫婦
世界を旅しています!

きょうさん、たかさん
添乗員夫婦の紹介

世界一周旅行リンク
世界一周サイト
せかたび夫婦と同じように世界一周旅行に出発されている方や、たび好きの方が運営されているサイトをご紹介しています。あなた旅にお役立てください。
リンクページはこちら
●相互リンクをご希望の方
こちらからどうぞ



 ホーム > せかたび日記 > ●祝!シベリア鉄道乗車C
2005年06月23日
●祝!シベリア鉄道乗車C

DSCF4722.JPG「77時間」。

終わりが近づくと、あっという間の気もする。時間の使い方は、睡眠50%、会話20%、読書20%、食事10%といったところ。乗った瞬間は狭く感じるコンパートメントだが、降りるときにはすっかり自分の空間にしてしまっている。だから、離れるのはさみしい気持ちまで感じるくらいだ。

一番の楽しみは、列車が駅に停車するとき。

数時間おきに停まる駅が憩いの時間。このときばかりは、‘おり’から開放された動物のようにホームに出て背伸びをするのが習慣だった。もちろんボクらだけではなく、ほとんどの乗客が、新鮮な空気を吸おうとリフレッシュしていたようだ。ホームに降りると、その街の雰囲気が感じられる。大きな街、小さな街、人々が行き交う街、そうでない街。食べ物やお土産品を売りに来ていたりもしている。短い時間であるが、ぶらりと散歩しながら、カメラのシャッターを押していた。

乗客がどれほどトイレに行きたくても使わせてくれない(笑)車掌さんは、列車停車時は、階段の手すりなどを磨いていて、とても仕事熱心だった。車掌さんはロシア語しか話せない人がほとんど。それでも、時間を重ねるごとに、笑顔のコミュニケーションができていくのだから、時間の積み重ねが大事なことも分かる。

DSC_0552.JPGひげが剃れない。だから、ぼうぼうだ。これじゃぁ、まるでドロボウ面。鏡を見なければ我慢はできるが、それでも頭はカユくなる。(シャンプーしたい!)そう願っていた。スーパーのビニール袋3つに大量に買い込んでいた。(買いすぎかな?)そんなことを気にしていたが、きれいに食べたことを考えると、いい買い方をしたようだ。

最後の停車駅を発車した。あと3時間後にはモスクワに到着する。「ロシアの首都、モスクワ」。(いったいどんな街なのだろう?)。そんな期待感が沸いてくる。シベリア鉄道を走っている77時間で、ロシアを感じる心構えをつくっているような気になる。

コンパートメントにこもっていては、何も感じることはないかもしれない。

食堂車に行ってみたり、停車駅で降りたりする。いろいろ動いてみることが、このシベリア鉄道を楽しむこと、ロシアを感じることだと思う。


『祝!シベリア鉄道乗車』、完

きょうさん♂



■トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
 http://www.sekatabi.com/mt/mt-tb.cgi/116

■コメント


■コメントを書く
コメント登録機能を利用するには、TypeKey トークンを設定してください。

世界一周旅物語(せかたび)−世界のいまには夢がある!
E-Mai:mail@sekatabi.com   URL:http://www.sekatabi.com/
●相互リンクをご希望の方へ こちらで受付中です! ●テキストリンク広告 メールで受付中です!

世界一周旅物語(せかたび) Copyright © 2004-2019 All Rights Reserved. HP