世界一周旅物語の記事を探す
世界一周旅行メルマガ
「初対面は緊張するなぁ〜」「なにを話そうかな・・・」、そんな経験ありませんか? 世界一周旅行中の添乗員夫婦が言葉の壁を超え、世界の人に触れていきます。「人とのコミュニケーション」に興味がある方は、ぜひ無料メルマガを登録してください。もっと人が好きになります!  詳しくはこちら
メルマガ無料登録
@メールアドレスを入力して、A登録ボタンを押すと確認メールが届きます♪

@メールアドレス(半角):
A

世界一周旅行夫婦
世界を旅しています!

きょうさん、たかさん
添乗員夫婦の紹介

世界一周旅行リンク
世界一周サイト
せかたび夫婦と同じように世界一周旅行に出発されている方や、たび好きの方が運営されているサイトをご紹介しています。あなた旅にお役立てください。
リンクページはこちら
●相互リンクをご希望の方
こちらからどうぞ



 ホーム > せかたび日記 > ●圧巻!134本の大列柱室
2006年04月06日
●圧巻!134本の大列柱室

長い歴史があるエジプトで最も栄えたのはテーベに都があったころ。テーベは今のルクソールです。当時の王が権力の象徴として造っていたのは、ピラミッドに変わって神殿や葬祭殿。それらが残るルクソールに足を運んでみました。

DSC_1922.JPG

ナイル川をはさんで東岸と西岸に別れるルクソール。駅やホテルなど街の機能は東岸、葬祭殿やお墓などは西岸にあるんです。それは、東から昇った太陽が西へ沈み、また東から昇ることに由来してるそうです。太陽は死からの復活の象徴。王は「生者の都」を東岸、「死者の都」を西岸とし、復活を信じていたんですって。

DSC_1891.JPG

そんな東岸にあるカルナック神殿[Temple of Karnak]はルクソールの観光の必須ポイント。歴代の王が造営を重ねてきただけあって、エジプト最大規模の神殿なんです。1,700年もの年月がかかっているというんですから、あ然とします。(当時は、ここで何をしていたんだろう?) そんな疑問を抱いてカルナック神殿を歩いていると・・・

ぶっとい柱がずらりと並んでいるではありませんか!

ここは大列柱室と呼ばれるところ。なんと134本もの石の柱が並んでいるんです。一本一本にレリーフが刻まれています。よくもまぁこんなにたくさん彫ったもんだぁ・・・ 見上げると、柱の隙間から青く輝く空。当時は大列柱室に天井もあったそうですが、木でできていたこともあって今は見られません。

DSC_1918.JPG

将軍が暮らしていた日本のお城が広い敷地なのは解かるんですが、これらの神殿は王が暮らしていたわけではなく、時々使われていた場所だったとか。いつも使う場所ではないのに、時間とお金をこんなにかけて造る王たち。権力の象徴は大事だったんだぁ・・・と感じました。

DSC_2148.JPG

カルナック神殿から約3キロ。ルクソール神殿[Luxor Temple]があります。ルクソール神殿とカルナック神殿はスフィンクス参道でつながっていたというんですから、これまた規模の大きさに驚きます。今は街で埋もれてしまっていますが、ここ掘れば、また新たな発見が見つかるんでしょうね〜

ルクソール神殿は夜に行きました。

DSC_2122.JPG

日中もいいですが、暑さがましになる夜のほうが動きやすいし、ライトアップされた神殿を見たかったから。カルナック神殿と同じように大きな柱がいっぱい並んでいます。ライトに照らされた様子はとっても神秘的!ツアー客もたくさんやって来ていて夜七時を回っていてもにぎわっていました。

「生者の都」と呼ばれたルクソールの東岸。次は西岸が待っています。

きょうさん♂

今日も応援、よろしくお願いします!→「人気blogランキング」


■入場料金<2006年4月7日現在>
カルナック神殿
 一般40ポンド(約800円)、学生20ポンド(約400円)
ルクソール神殿
 一般35ポンド(約700円)、学生20ポンド(約400円)






■コメント


■コメントを書く
コメント登録機能を利用するには、TypeKey トークンを設定してください。

世界一周旅物語(せかたび)−世界のいまには夢がある!
E-Mai:mail@sekatabi.com   URL:http://www.sekatabi.com/
●相互リンクをご希望の方へ こちらで受付中です! ●テキストリンク広告 メールで受付中です!

世界一周旅物語(せかたび) Copyright © 2004-2017 All Rights Reserved. HP