世界一周旅物語の記事を探す
世界一周旅行メルマガ
「初対面は緊張するなぁ〜」「なにを話そうかな・・・」、そんな経験ありませんか? 世界一周旅行中の添乗員夫婦が言葉の壁を超え、世界の人に触れていきます。「人とのコミュニケーション」に興味がある方は、ぜひ無料メルマガを登録してください。もっと人が好きになります!  詳しくはこちら
メルマガ無料登録
@メールアドレスを入力して、A登録ボタンを押すと確認メールが届きます♪

@メールアドレス(半角):
A

世界一周旅行夫婦
世界を旅しています!

きょうさん、たかさん
添乗員夫婦の紹介

世界一周旅行リンク
世界一周サイト
せかたび夫婦と同じように世界一周旅行に出発されている方や、たび好きの方が運営されているサイトをご紹介しています。あなた旅にお役立てください。
リンクページはこちら
●相互リンクをご希望の方
こちらからどうぞ



 ホーム > せかたび日記 > ●モーセの十戒、シナイ山
2006年04月17日
●モーセの十戒、シナイ山

私たち二人を合わせた合計十四人のグループでシナイ山(標高2,285m)のご来光を見に行きました。

シナイ山というは、旧約聖書に出てくるモーセが神から十戒を授かったことが出てきてとても有名な場所。ユダヤ教やキリスト教、イスラム教徒にとって宗教的に重要な意味をもつ場所らしいのです。

私たちは無宗教なんですが、山登りの好きな私たちは、ぜひ、山頂からご来光を拝みたいと思って参加しました。参加費50ポンド(約1,000円)。

夜11時にダハブのホテルを出発して、1時間30分、シナイ山のふもとに到着。すでにほかのツアー客でいっぱい!!日本の富士登山よりも断然おおーい人の数にビックリ!それぞれのグループにガイドさんがついて、いよいよ出発です。

DSCF1246.JPG

体力的にしんどい人は、ラクダに乗って頂上手前まで行くこともできます。ただし、65ポンド(約1,300円)ほどかかります。山頂までは、ラクダ道と徒歩で行く道に分かれているんですが、この日は、たくさんの人が登りに来ていたこともあって、私たちのグループはラクダ道を通って登ることになりました。

ちなみに、ラクダ道は、少し遠回りだけど、比較的ラクチンな道。帰りに下りてきた徒歩道はかなり急な階段(3,750段)。上りはラクダ道でよかった。。。

ガイドさんと一緒に登っていくんですが、私たちは、ほかのヨーロッパ人と比べるとゆっくりペース。足が短いのもあるかもしれないけど、のんびり歩くんです。キリマンジャロの時もそうでした。でも休憩はあまりしないんです。同じツアーのヨーロッパ人たちは、歩くのは早いんだけど、休憩をしょっちゅう取ります。だから結局同じなんだけど・・・ 私たちは、自分たちのペースで約3時間ほどかけて、頂上に到着しました。

DSCF1253.JPG

それほど広くない山頂付近に数百人が集まってご来光を待ちます。
いよいよ日の出。空一面が赤色になってきます。ここシナイ山の周りはすべて岩山なので、太陽に照らされる岩山が真っ赤に燃え上がるように見えるんです。きょうさんのシャッタースピードも最高速!

あっという間に太陽は顔を出しました。ほんの数分・・・。

DSC_2245.JPG

なんで人は、この数分のために数時間をかけて登って行くんだろう?素晴らしい景色を見るため?一日のはじまりに感謝するため?素晴らしい景色を前にしながらそんな事を考えていました。

私たちは、ご来光が好きです。でもなぜ好きなんだろう?って考えたとき・・・

いつでも初めに戻れる。初心を忘れるべからず。そんな気がしました。

DSCF1273.JPG

ご来光を終えて、麓にある聖カトリーナ修道院を見学。集合時間の10時になりました。ツアー客のほとんどが揃っています。でも、一人参加していたヨーロッパ人女性が帰ってこない。15分、30分経っても帰ってこない!心配そうに、ドライバーさんやみんなも彼女を待っている。

そんな時、座っていたきょうさんが、「ちょっと探しに行ってくるわ!」とドライバーさんに伝えて、修道院まで走って行ってしまいました。やっぱり根は添乗員なんですね!

夜中から歩き疲れていた私を含めほかの人は、待つだけで動けない。それをきょうさんは、軽々と走っていく姿がとてもカッコよかったぁ〜。

DSC_2351.JPG

15分後。きょうさんは車に戻ってきたんですが、女性を見つけられなかったようです。でも時計の針はもうすでに10時50分。みんなイライラ気味。(なんで一人のために待たなければならないのか!)(飛行機に乗り遅れる!)とドライバーさんに抗議している。ドライバーさんは、「もう少し待とう。あと5分だけ・・・」と言って困っている様子。

う〜 元添乗員の私たちにとっては、どっちも気持ちが分かり、このもどかしさが、昔の添乗員時代と重なりました。

ドライバーさんは、しぶしぶ運転を開始。遅れること1時間。

DSC_2359.JPG

途中、ドライバーさんは、電話をかけて会社に詳細を説明している様子。アラビア語なので全く分からなかったんですが、そのあと私たちに聞かせてくれた言葉は・・・

「彼女はタクシーを使ってホテルにすでにいるらしい」とのこと。

エッー!? 信じられなーい!! こんな出来事は、添乗員時代でもなかったよぉ〜!!
シナイ山からのご来光の素晴らしさとともに、驚いた出来事でした。

たかさん♀

ランキングの応援、いつもありがとうございます!
こちらをクリックしていただけると投票されます♪







■トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
 http://www.sekatabi.com/mt/mt-tb.cgi/451

■コメント

どもっす。
やはり全世界の人はご来光が好きなんですね!
(いやシナイ山だから特別か..)
勿論僕も好きです(あんまり見に行く機会無いけど)
そんで今回はイエスの「燃える朝やけ」という曲を思い出しましたので、また試聴アドレスを貼り付けときます(ライヴ版ですが)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000002J1Y/qid=1145855143/sr=1-4/ref=sr_1_10_4/250-2384178-6006614
今回はアマゾンなのでそのままクリックで聴けます。(3曲目の「Heart of the Sunrise」という曲がそうです)
イントロが有名な曲で(でも多分聴いた事無いかも..)たま〜に日本のTV番組とかで使われています。
良ければ聴いてみて下さい。

ではまた!

投稿者 あまりん : 2006年04月24日 14:37



■コメントを書く
コメント登録機能を利用するには、TypeKey トークンを設定してください。

世界一周旅物語(せかたび)−世界のいまには夢がある!
E-Mai:mail@sekatabi.com   URL:http://www.sekatabi.com/
●相互リンクをご希望の方へ こちらで受付中です! ●テキストリンク広告 メールで受付中です!

世界一周旅物語(せかたび) Copyright © 2004-2019 All Rights Reserved. HP