世界一周旅物語の記事を探す
世界一周旅行メルマガ
「初対面は緊張するなぁ〜」「なにを話そうかな・・・」、そんな経験ありませんか? 世界一周旅行中の添乗員夫婦が言葉の壁を超え、世界の人に触れていきます。「人とのコミュニケーション」に興味がある方は、ぜひ無料メルマガを登録してください。もっと人が好きになります!  詳しくはこちら
メルマガ無料登録
@メールアドレスを入力して、A登録ボタンを押すと確認メールが届きます♪

@メールアドレス(半角):
A

世界一周旅行夫婦
世界を旅しています!

きょうさん、たかさん
添乗員夫婦の紹介

世界一周旅行リンク
世界一周サイト
せかたび夫婦と同じように世界一周旅行に出発されている方や、たび好きの方が運営されているサイトをご紹介しています。あなた旅にお役立てください。
リンクページはこちら
●相互リンクをご希望の方
こちらからどうぞ



 ホーム > せかたび日記 > ●パルミラ遺跡を歩き回る
2006年04月30日
●パルミラ遺跡を歩き回る

DSC_3495.JPG

中東にはいくつもの素晴らしい遺跡があります。ヨルダンのペトラ遺跡、レバノンのバールベック遺跡、そしてここシリアのパルミラ遺跡(すべて世界遺産)。

ペトラ遺跡やバールベック遺跡と違って、パルミラ遺跡にはインパクトの大きな遺跡物はありません。写真でよく紹介されるのは、記念門と呼ばれるアーチ型の門や列中道路、四面門といったところでしょうか。

パルミラ遺跡の見所は、この規模だと思いました。

DSC_3514.JPG

歴史や遺跡を詳しく勉強していないので、ボクらが遺跡めぐりをして想像できるのは、「当時の人たちがどんな様子でこの場所を使っていたのか?」ということ。長い年月をかけて作り、多くの人が歩いたであろう遺跡は、想像力をかきたてられます。

高い柱に囲まれた長く続く列柱道路の脇には、お風呂や、円形劇場などもあります。今でも使われているらしい円形劇場は、ここでいろんな催しがされていたんだろうと想像できるんですが、お風呂のイメージがわきません、、、

DSC_3515.JPG

正方形の浴槽・・・というか石でできたプール。裸で浸かっていたのか、足だけ浸かっていたのか?そもそもなんでここにお風呂なの?とすぐそばの列柱道路との距離があまりにも近いので、頭の中は疑問ラッシュでした。

そして「取引場」と呼ばれる場所。

DSC_3524.JPG

日常生活で「取引場」と聞いて思い出すのは、「証券取引場」くらい。

(なに、なに・・・ どうやって?何を?取引していたんだろう?)

疑問がわいてきたので、ヨーロッパ人グループのガイドさんに聞いてみると・・・ シルクロードをはじめ、いろんな国から人が来て、ここで売買をしていたとのこと。

DSC_3525.JPG

物々交換かと思ったら、なんと共通の通貨まであったそうです(博物館でその通貨は見られるそうです)。誰でも来て取引することができたそうなんです。

「あれがラクダや馬の‘水飲み場’なんだよ」。

連れられて見せてもらったのは、取引場の隅にある三角形の槽。(へぇ〜 聞いてなきゃ、目につかんなぁ・・・) 長い道のりを動物に乗ってやってきた人が、ここで取引をしていたんですね。

そう思うと、お風呂の必要性も感じますね。

DSC_3533.JPG

当時の女王さんが威信をかけて作ったらしいパルミラ遺跡。その後も世界各地から、パルミラ遺跡を目指していろんな人がやってきていた場所。

広い敷地を歩いてると、その時代の熱気を感じてきます。

必要なものを手に入れようとし、疲れた身体はお風呂で休める。時代が変わっても、人々の生活は基本的に変わっていないようにも思いました。

求めていなくても情報が自然に入ってくる今の時代。自分の生活を振り返り、シンプルな生き方をしていきたいです。

きょうさん♂

ランキングの応援、いつもありがとうございます!
こちらをクリックしていただけると投票されます♪







■トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
 http://www.sekatabi.com/mt/mt-tb.cgi/472

■コメント


■コメントを書く
コメント登録機能を利用するには、TypeKey トークンを設定してください。

世界一周旅物語(せかたび)−世界のいまには夢がある!
E-Mai:mail@sekatabi.com   URL:http://www.sekatabi.com/
●相互リンクをご希望の方へ こちらで受付中です! ●テキストリンク広告 メールで受付中です!

世界一周旅物語(せかたび) Copyright © 2004-2019 All Rights Reserved. HP