世界一周旅物語の記事を探す
世界一周旅行メルマガ
「初対面は緊張するなぁ〜」「なにを話そうかな・・・」、そんな経験ありませんか? 世界一周旅行中の添乗員夫婦が言葉の壁を超え、世界の人に触れていきます。「人とのコミュニケーション」に興味がある方は、ぜひ無料メルマガを登録してください。もっと人が好きになります!  詳しくはこちら
メルマガ無料登録
@メールアドレスを入力して、A登録ボタンを押すと確認メールが届きます♪

@メールアドレス(半角):
A

世界一周旅行夫婦
世界を旅しています!

きょうさん、たかさん
添乗員夫婦の紹介

世界一周旅行リンク
世界一周サイト
せかたび夫婦と同じように世界一周旅行に出発されている方や、たび好きの方が運営されているサイトをご紹介しています。あなた旅にお役立てください。
リンクページはこちら
●相互リンクをご希望の方
こちらからどうぞ



 ホーム > せかたび日記 > ●アヤソフィアについて 
2006年05月09日
●アヤソフィアについて 

スルタンアフメット地区。ブルーモスクの北側に位置するアヤソフィア博物館。ブルーモスクとにらめっこしているように建っているんです。

Ayasofya01.JPG

博物館といっても、もともとは教会、その後モスクだったアヤソフィアの歴史は長く、5世紀に造られたそうですから、1,500年近く経っていることになります。

Ayasofya02.JPG

建て替えや補強を繰り返してきたそうですが、現在でもマグニチュード9.5に耐えられる強さがあるというんですから、頑丈ですよね。

Ayasofya03.JPG

アヤソフィアに建つ四本のミナーレは、別々のスルタンによって建てられたそうで、形が違うんです。UFOのような円盤型の天井は高く、中に入って、広い空間を見上げると、(何人の人が入れるんだろう?)と思っちゃいました。

アヤソフィアに来て、見るべきところといえば!!

壁に描かれたマリア像と、壁に掲げられたアッラーの文字。

キリスト教とイスラム教が混ざっている!?

Ayasofya04.JPG

教会からモスクに変わったときに、数々のキリスト関係のモザイク画は、塗りつぶされてしまったそうなんです。上塗りされてしまったというんでしょうか・・・。だから、はがしていくと、教会だったときのモザイク画が出てくるんですよね。

Ayasofya05.JPG

これまでの国で、
教会のモザイク画を見て、(キリストだぁ・・・)
モスクのアッラーの文字を見て、(イスラムだぁ・・・)
と別々に感じていたのが、同じ建物で見られるんですから、奇妙な感じでした。

Ayasofya06.JPG

丘の上に建っているアヤソフィアは、ブルーモスクよりも大きいそうで、イスタンブールのどこからでも目立つアヤソフィアの存在は、ずっとイスタンブールの歴史を見守ってきたことが想像できます。

Ayasofya07.JPG

このアヤソフィアにしても、向かいのブルーモスクにしても、イスタンブールにある偉大な建物は、ホント歴史を感じさせてくれますね。

きょうさん♂

いつもクリック応援、ありがとうございます!
★アヤソフィアが少しでも伝わってきた方・・・今日もよろしくお願いします♪







■トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
 http://www.sekatabi.com/mt/mt-tb.cgi/486

■コメント


■コメントを書く
コメント登録機能を利用するには、TypeKey トークンを設定してください。

世界一周旅物語(せかたび)−世界のいまには夢がある!
E-Mai:mail@sekatabi.com   URL:http://www.sekatabi.com/
●相互リンクをご希望の方へ こちらで受付中です! ●テキストリンク広告 メールで受付中です!

世界一周旅物語(せかたび) Copyright © 2004-2017 All Rights Reserved. HP