世界一周旅物語の記事を探す
世界一周旅行メルマガ
「初対面は緊張するなぁ〜」「なにを話そうかな・・・」、そんな経験ありませんか? 世界一周旅行中の添乗員夫婦が言葉の壁を超え、世界の人に触れていきます。「人とのコミュニケーション」に興味がある方は、ぜひ無料メルマガを登録してください。もっと人が好きになります!  詳しくはこちら
メルマガ無料登録
@メールアドレスを入力して、A登録ボタンを押すと確認メールが届きます♪

@メールアドレス(半角):
A

世界一周旅行夫婦
世界を旅しています!

きょうさん、たかさん
添乗員夫婦の紹介

世界一周旅行リンク
世界一周サイト
せかたび夫婦と同じように世界一周旅行に出発されている方や、たび好きの方が運営されているサイトをご紹介しています。あなた旅にお役立てください。
リンクページはこちら
●相互リンクをご希望の方
こちらからどうぞ



 ホーム > せかたび日記 > ●最大の鳥、アルバトロス
2007年12月08日
●最大の鳥、アルバトロス


「アルバトロス」。

(何それ?プロレスの技?)なんて思っていたら、大きな大きなアホウドリのことでした。それも、世界最大のシロアホウドリが、ダニーデン[Dinedin]の街の近くで見られるらしんです。

49-12albatross2.JPG

アルバトロスって、ゴルフ好きのきょうさん曰く、ゴルフに使われる言葉なんですって。バーディ(小鳥)、イーグル(鷹)、アルバトロス(アホウドリ)というらしく、なかなか出ないアルバトロスは、ゴルファーには特に惹きつけられるものがあるようです。

ダニーデン見られるアホウドリ。市街地に近い場所で見られるのはとても珍しいようで、保護活動がしっかり行われているそうです。

そんなアルバトロスを見よう!と、ダニーデンにあるオタゴ半島へ行って来ました。上空を見上げれば気軽に見られると思っていたのですが、飛んでる鳥はたくさんいても、どれがアルバトロスなのか分かりません。それに風の強さに左右されるようで、もしかしたら飛んでいないのかもしれない、、、

49-12albatross4.JPG

ということで、オタゴ半島先端にある「ロイヤルアルバトロスセンター」に入場しました。ひとり28ドルの入場料で入ると、まずは、ビデオでアホウドリの保護活動の様子などを伝えてくれます。

このアホウドリ、両翼を広げると3メートル以上になるんだとか。翼に受けた風の揚力で飛行できるらしく、空中ではほとんど羽ばたくことがありません。グライダーのように飛ぶ姿を見ればひと目でアルバトロスと分かるんだとか!

(そんな姿を見てみたい!)

49-12albatross1.JPG

ビデオ鑑賞のあと、いよいよアルバトロスの営巣地に行くんですが、観光客が自由に出入りできることはなく、設置された視察小屋からアルバトロスを鑑賞します。特設展望台から眺めるような感じでしょうか。

全部で4匹のアホウドリがいました。双眼鏡で覗くと、大きなくちばしで、辺りをきょろきょろしている姿がかわいらしかったです。遠くからでも存在感があったので、近くで見たらもっとすごかったんでしょうね〜

アホウドリは風がないと飛べないため、風があまり吹いていなかったその時間帯では、アホウドリの飛ぶ様子を見ることはできませんでした。残念っ!私にとっては風は吹いているように感じたんだけどなぁ〜 またの機会ですね。。。

49-12albatross3.JPG

ニュージーランドには、いろんな鳥がいるのに驚きます。街中にある公園の池には、カモや白鳥、アヒルなどもいて、自然を感じます。プケコやタカヘなど、カラフルな鳥も多く、見ていて飽きません。

ニュージーランドといえば、飛べない鳥「キウィ」しか知らなかったんですが、この国は自然が豊かなこともあって、日本では見ることのなかった鳥にたくさん出会えます。

でもなぜかハトはあまり見ないなぁ〜 なぜだろう!??

たかさん♀



いつも読んでいただきありがとうございます♪
これからもせかたび夫婦を応援してくださる方、こちらのクリックをよろしくお願いします♪
↓↓↓
『人気ブログランキング』





■コメント


■コメントを書く
コメント登録機能を利用するには、TypeKey トークンを設定してください。

世界一周旅物語(せかたび)−世界のいまには夢がある!
E-Mai:mail@sekatabi.com   URL:http://www.sekatabi.com/
●相互リンクをご希望の方へ こちらで受付中です! ●テキストリンク広告 メールで受付中です!

世界一周旅物語(せかたび) Copyright © 2004-2017 All Rights Reserved. HP