世界一周旅物語の記事を探す
世界一周旅行メルマガ
「初対面は緊張するなぁ〜」「なにを話そうかな・・・」、そんな経験ありませんか? 世界一周旅行中の添乗員夫婦が言葉の壁を超え、世界の人に触れていきます。「人とのコミュニケーション」に興味がある方は、ぜひ無料メルマガを登録してください。もっと人が好きになります!  詳しくはこちら
メルマガ無料登録
@メールアドレスを入力して、A登録ボタンを押すと確認メールが届きます♪

@メールアドレス(半角):
A

世界一周旅行夫婦
世界を旅しています!

きょうさん、たかさん
添乗員夫婦の紹介

世界一周旅行リンク
世界一周サイト
せかたび夫婦と同じように世界一周旅行に出発されている方や、たび好きの方が運営されているサイトをご紹介しています。あなた旅にお役立てください。
リンクページはこちら
●相互リンクをご希望の方
こちらからどうぞ



 ホーム > せかたび日記 > ●エイベル・タズマンを歩く
2008年04月18日
●エイベル・タズマンを歩く


エイベル・タズマン国立公園では、カヤック以外にも自然を満喫できるものがたくさんあります。

50-04abelwalk5.JPG

グレートウオークのひとつでもあるコースト・トラック。
ここは、海岸線と森が織りなす景色が美しいことで有名で、南のマラハウから北のワイヌイまで全長51qのトラックを3〜5日かけて歩くことができるんです。

このコースト・トラックの特徴のひとつは、時間帯によって歩ける道が現れることです。というのも、満潮時には決して歩けない部分が、干潮時は別世界のように歩くことができるんです。

50-04abelwalk1.JPG

本当は山小屋で泊まりながら全行程を歩く予定だったんですが、ルートバーントラックで捻挫した私の足のこともあって、ルートは一部分だけにしました。アンカレッジからバークベイまでの7キロです。

その途中には、アンカレッジからトロントベイまでの干潟も歩くこともできるんです。通常、満潮[High Tide]時には、1時間30分かかるコースが、干潮[Low Tide]時には、ほんの20分で歩けます。

50-04abelwalk6.JPG

干潮時の時間帯を調べ、朝早くの出発。いい天気の中、美しい海岸線を見ながらのトレッキングは、眠気もすっ飛んでしまいますね。

干潮時のルートを歩くには、濡れても平気なビーチサンダルが便利。それでも、湿った地面だとを歩きにくいので、裸足です。冷たい砂浜の上を素足で歩けて、とても気持ちいいぃー

50-04abelwalk2.JPG

よぉーくふっとみると、貝がいっぱいあるんです!こうなったら、貝拾いしなくちゃ!と探しはじめると、見つかるわ、見つかるわ!抱えきれないくらいです。そんなことも楽しみながら、メイントラックに合流。

50-04abelwalk4.JPG

その後は、ハイキングシューズに履き替えて、しっかりと歩き始めます。ルートバーンなど小屋の予約が必要なトランピングコースは一日に歩ける人の数が限られています。それでも、ここエイベルタズマンは、今回の私たちのように一部の区間だけ歩くことができるので、人がいっぱいなんです。それほど道幅が広くなかったので、すれ違うのがちょっぴり大変でした。

さすがは、人気のコースですね!

50-04abelwalk7.JPG

森の中を歩くだけでなく、しだのアーチをくぐったり、もちろん、海岸線の眺望がよく、多くの人が歩きたくなる理由が分かる気がしました。

帰りはまたウォータータクシーに乗って、マラハウの街まで送ってもらいました。

50-04abelwalk8.JPG

ドライバーさんの心遣いのおかげで、普段は見られないエイベルタズマンの象徴もいえるスプリット・アップル・ロックに近寄ってくれて、満喫した一日でした!

次は、全行程歩いてみたいなぁ〜




たかさん♀


いつも読んでいただきありがとうございます♪
これからもせかたび夫婦を応援してくださる方、こちらのクリックをよろしくお願いします♪
↓↓↓
『人気ブログランキング』





■コメント


■コメントを書く
コメント登録機能を利用するには、TypeKey トークンを設定してください。

世界一周旅物語(せかたび)−世界のいまには夢がある!
E-Mai:mail@sekatabi.com   URL:http://www.sekatabi.com/
●相互リンクをご希望の方へ こちらで受付中です! ●テキストリンク広告 メールで受付中です!

世界一周旅物語(せかたび) Copyright © 2004-2017 All Rights Reserved. HP