世界一周旅物語の記事を探す
世界一周旅行メルマガ
「初対面は緊張するなぁ〜」「なにを話そうかな・・・」、そんな経験ありませんか? 世界一周旅行中の添乗員夫婦が言葉の壁を超え、世界の人に触れていきます。「人とのコミュニケーション」に興味がある方は、ぜひ無料メルマガを登録してください。もっと人が好きになります!  詳しくはこちら
メルマガ無料登録
@メールアドレスを入力して、A登録ボタンを押すと確認メールが届きます♪

@メールアドレス(半角):
A

世界一周旅行夫婦
世界を旅しています!

きょうさん、たかさん
添乗員夫婦の紹介

世界一周旅行リンク
世界一周サイト
せかたび夫婦と同じように世界一周旅行に出発されている方や、たび好きの方が運営されているサイトをご紹介しています。あなた旅にお役立てください。
リンクページはこちら
●相互リンクをご希望の方
こちらからどうぞ



 ホーム > 旅人エッセイ > ●ノルウェーのまとめ  
2005年07月26日
●ノルウェーのまとめ  

北欧の中でもノルウェーは、とても興味があった国だった。

なぜなら、添乗員時代の恩師が「いろんな国へ行ったが、老後に暮らしたい国はノルウェーだ」と、はっきりと言っていたからだ。

思っていた以上に美しく、福祉や環境に力を入れている国だった。英語もよく通じ、人も優しく、のんびり暮らしている姿が印象的だった。森と湖の国。どの街も道路が広く、駐車場には車椅子のマークがよく書かれてあり、障害者用の停車スペースが設けられている

それは昔、何度も何度も街が火事になり、修復していることが多いので、道を大きくしたらしい。

フィヨルドの景観に世界中から観光客が押し寄せ、その施設も十分に整っている。

物価の高さに四苦八苦したが、税金の額も半端じゃない。消費税17%というのだから、仕方がない気もする。トイレ利用料も、高いところで180円かかる。350ml缶のコーラが1本350円。日本の3倍。。。

観光客の合言葉が、「ノルウェーはすべてが高い!」というくらいだ。

また、ファミリーで出かけている姿をよく見かけた。そして、ほとんどのお父さんが子どもベビーカーを押している。男性が子どもをあやし、面倒をみている。たくさんある公園の中は、いつも家族でのんびりしている姿があった。

ノルウェーの北の地方ラップランドと、南のオスロやベルゲンは、また違う。

都会に満ちて若者やレストランが多い南、逆に北は、ゆっくり時間が流れ、自然と溶け込んでいるような街並みがとても美しい。

しかし、私はこの国には住みたいとは思わなかった。なぜなら、やっぱり物価が高く、のんびりしているからだ。私の性分では、アジアのようなエネルギーや熱気で満ちた国のほうが合っているのかもしれない。でも、のんびりできるという点では、老後にこの国に住めたら幸せだと思う。

たかさん♀



■トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
 http://www.sekatabi.com/mt/mt-tb.cgi/181

■コメント


■コメントを書く
コメント登録機能を利用するには、TypeKey トークンを設定してください。

世界一周旅物語(せかたび)−世界のいまには夢がある!
E-Mai:mail@sekatabi.com   URL:http://www.sekatabi.com/
●相互リンクをご希望の方へ こちらで受付中です! ●テキストリンク広告 メールで受付中です!

世界一周旅物語(せかたび) Copyright © 2004-2017 All Rights Reserved. HP