世界一周旅物語の記事を探す
世界一周旅行メルマガ
「初対面は緊張するなぁ〜」「なにを話そうかな・・・」、そんな経験ありませんか? 世界一周旅行中の添乗員夫婦が言葉の壁を超え、世界の人に触れていきます。「人とのコミュニケーション」に興味がある方は、ぜひ無料メルマガを登録してください。もっと人が好きになります!  詳しくはこちら
メルマガ無料登録
@メールアドレスを入力して、A登録ボタンを押すと確認メールが届きます♪

@メールアドレス(半角):
A

世界一周旅行夫婦
世界を旅しています!

きょうさん、たかさん
添乗員夫婦の紹介

世界一周旅行リンク
世界一周サイト
せかたび夫婦と同じように世界一周旅行に出発されている方や、たび好きの方が運営されているサイトをご紹介しています。あなた旅にお役立てください。
リンクページはこちら
●相互リンクをご希望の方
こちらからどうぞ



 ホーム > 旅人エッセイ > ●ドイツを過ごした感想  
2005年08月05日
●ドイツを過ごした感想  

ドイツの印象は、やはり車だった。ベンツにBMW、ワーゲンとドイツ車がたくさん走り、スピードもかなり速い。高速道路では150キロくらいはでいるだろうか? そんな中、気づけば、せかたび号も130キロくらいは、出ていた。なんせ、何どか大変な目に遭っているこの車。。。思わず、横の手すりをつかんでいた。しかし、日本車のMAZDAもなかなか好調だ。

ドイツは2006年、ロマンティック街道など南地方を訪れる予定。サッカー、ワールドカップにも行きたいと思っている。ヨーロッパの中でも比較的大きな国ドイツは、きっと北地方と南地方では、印象が違うだろう。また楽しみが増えている。

今回は、本場のドイツ人宅への宿泊ができ、いい経験が出来た。ドイツ人だから、ウィンナーとビールを毎日食べるだろうと思っていたけど、意外とウィンナーは、食べていなかった。ビールは飲んでいたけど・・・

私は年齢的に、子どもの育て方が気になった。

どこの国も子ども部屋にはおもちゃがある。このドイツ人宅の子ども部屋は、とても世界観があり、地球儀や地図、そして、家族の写真がたくさん置いてあった。また、子どもたちの書いた絵も、壁にたくさん貼ってあった。

子どもが伸び伸び育っている様子がよく分かる。

リビングには唯一のテレビがあり、みんなで楽しく見ている。そして、小さなバルコニーでの団らんがとても居心地がよさそうだ。

私も、世界観ある子どもの育て方をしたいと思う。

そんなことを考えさせられるドイツだった。

たかさん♀



■トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
 http://www.sekatabi.com/mt/mt-tb.cgi/199

■コメント


■コメントを書く
コメント登録機能を利用するには、TypeKey トークンを設定してください。

世界一周旅物語(せかたび)−世界のいまには夢がある!
E-Mai:mail@sekatabi.com   URL:http://www.sekatabi.com/
●相互リンクをご希望の方へ こちらで受付中です! ●テキストリンク広告 メールで受付中です!

世界一周旅物語(せかたび) Copyright © 2004-2017 All Rights Reserved. HP