世界一周旅物語の記事を探す
世界一周旅行メルマガ
「初対面は緊張するなぁ〜」「なにを話そうかな・・・」、そんな経験ありませんか? 世界一周旅行中の添乗員夫婦が言葉の壁を超え、世界の人に触れていきます。「人とのコミュニケーション」に興味がある方は、ぜひ無料メルマガを登録してください。もっと人が好きになります!  詳しくはこちら
メルマガ無料登録
@メールアドレスを入力して、A登録ボタンを押すと確認メールが届きます♪

@メールアドレス(半角):
A

世界一周旅行夫婦
世界を旅しています!

きょうさん、たかさん
添乗員夫婦の紹介

世界一周旅行リンク
世界一周サイト
せかたび夫婦と同じように世界一周旅行に出発されている方や、たび好きの方が運営されているサイトをご紹介しています。あなた旅にお役立てください。
リンクページはこちら
●相互リンクをご希望の方
こちらからどうぞ



 ホーム > 旅人エッセイ > ●待ってくれてる人がいる
2006年12月15日
●待ってくれてる人がいる


オークランドで働き始めたある日。

社用車を運転して、空港へお客様を迎えに行きました。

空港ってあんまりいいイメージがないんですよね。ヨーロッパステージが終了したあと、アジアを旅するのに、何度も飛行機を利用しました。到着ゲートを出た瞬間から近寄ってくる客引きの数々。「どこへ行くんだ?」「タクシー安いよ」。できるだけ早く脱出したいのが空港の印象だったんです。記憶にある限り、人を迎えに行くなんてはじめてのこと。(ちゃんと会えるかなぁ〜)そんなことを思って待っていたんです。周りには、僕と同じように誰かを待っている人たちでいっぱい。家族なのか、恋人なのか、仕事仲間なのか、いろんな人が(まだか、まだか?)と心配そうに到着ゲートのほうを見ているんです。

それで、お目当ての人を見つけたら、表情が緩むんですよね。とびっきりの笑顔になったり、大きく手を振ったり。そして近寄って、握手したり、ハグしたり、キスしたり〜 

それまでぎゃんぎゃん騒いでいたヤンチャ坊主が、おばぁちゃんを見つけた途端走って行って抱きつくんです。そんなシーンを目の前でいくつも見ていたら、泣けてきちゃいました。

(家族っていいなぁ〜)
(待ってくれている人がいるっていいよなぁ〜)
(人ってありがたいよなぁー)

僕が待っているのはお客さんなんですが、はじめてやって来るニュージーランドを安心して過ごしてもらえるように、ある意味家族のように大切に接しなければとより気合いが入ったもんです。

自分にとって大切と思える人がいる。

それだけで幸せですよね。


きょうさん♂

いつも読んでいただきありがとうございます♪
これからも「せかたび」の更新を楽しみにしてくださる方、こちらのクリックをよろしくお願いします♪
↓↓↓
『人気ブログランキング』




カテゴリ: 人間の魅力 | コメント (0)



■コメント


■コメントを書く
コメント登録機能を利用するには、TypeKey トークンを設定してください。

世界一周旅物語(せかたび)−世界のいまには夢がある!
E-Mai:mail@sekatabi.com   URL:http://www.sekatabi.com/
●相互リンクをご希望の方へ こちらで受付中です! ●テキストリンク広告 メールで受付中です!

世界一周旅物語(せかたび) Copyright © 2004-2017 All Rights Reserved. HP