世界一周旅物語の記事を探す
世界一周旅行メルマガ
「初対面は緊張するなぁ〜」「なにを話そうかな・・・」、そんな経験ありませんか? 世界一周旅行中の添乗員夫婦が言葉の壁を超え、世界の人に触れていきます。「人とのコミュニケーション」に興味がある方は、ぜひ無料メルマガを登録してください。もっと人が好きになります!  詳しくはこちら
メルマガ無料登録
@メールアドレスを入力して、A登録ボタンを押すと確認メールが届きます♪

@メールアドレス(半角):
A

世界一周旅行夫婦
世界を旅しています!

きょうさん、たかさん
添乗員夫婦の紹介

世界一周旅行リンク
世界一周サイト
せかたび夫婦と同じように世界一周旅行に出発されている方や、たび好きの方が運営されているサイトをご紹介しています。あなた旅にお役立てください。
リンクページはこちら
●相互リンクをご希望の方
こちらからどうぞ



 ホーム > せかたび日記 > ●返ってきたトラベラーズチェック
2006年07月21日
●返ってきたトラベラーズチェック

今日イギリスから荷物が届きました。

中身は・・・トラベラーズチェック!!

昨年(2005年)11月に盗まれたトラベラーズチェックが、8ヶ月経って、ようやく、ようやく、戻ってきました!うれしぃ〜


ro-tc1.JPG

フランスの二ースで遭った車上荒らし。スーパー「カルフール」へ買い物をしに行った、朝のちょっとした油断を狙われた被害でした。失ったものは、現金60万円、トラベラーズチェック70万円、パソコンやカメラの電子機器一式50万円、さらにシティバンクのローンカードで50万円の引き出し。被害総額230万円、、、半年間で出会った人の連絡先や数千枚の写真データまで盗まれたことが何よりも辛かった・・・私たちの歴史上、最悪の出来事でした。

被害を最小限に抑えるため、手続きに取り掛かりました。

すぐに対応してくれたのが保険会社。盗まれた携行品合計50万円分のほぼ全額が戻ってきました。

しかし、一時帰国中に発覚したシティバンクのローンカード引き出しは、「暗証番号一致による引き出しは本人の責任」と言われ、もめにもめました。一度も使ったことがなく、もちろん暗証番号を持ち歩いているわけがないのに、引き出されたシティバンクカード。プロの犯行であることを確信したことでもありました。戻ったからよかったものの、シティバンク担当者の対応にはホトホトあきれ返りました。

ro-tc2.JPG

一番驚いたのはトラベラーズチェック。

盗まれたときに払戻しができるのが魅力のトラベラーズチェックなのに、「安全管理を怠った」と言われ払戻しを拒否。「半年後の再調査」という回答だったんです。(何のためのトラベラーズチェックなの?)70万円という金額が大きかったとはいえ、トラベラーズチェックの意味の無さも感じました。

 一時帰国中に書いていたブログ「●盗難被害、回復したもの


その後半年が経ち、ここルーマニアから連絡を繰り返し、ようやく70万円が戻ってきたんです。ほぉ〜っ

それでもお金より大切だった、現地で出会った人たちの住所録や手紙、思い出の写真は戻ってきません。旅先での盗難被害に苦しめられた一件でした。

ro-tc4.JPG

この盗難で学んだことはいくつもありました。貴重品管理のこと、旅の荷物管理のこと、車の旅での危険性、盗難被害に対する関係会社の対応の仕方・・・。

これは、経験しないと分からないものですね。添乗員時代、トラブル対処のことはひと通り知っていましたし、イメージもできていたんです。それでも実際体験すると想像以上に手間がかかります。

もっとも大切なことは「あきらめない」ということ。

保険会社も、シティバンクも、トラベラーズチェクのトラベレックスも払戻しを渋ります。「はい分かりました!すぐに払戻ししますね」なんて言ってくれません。

そして時間がかかります。というより、(わざと時間をかけて、あきらめさせようとしているの?)なんて思うくらい回答が長引きます。

膨大な申請資料の提出、書類の請求から時間がかかります。提出後も社内検討に時間・・・フリーダイヤルがあればいいけど、電話代などのお金もかかります。


ro-tc3.JPG

今年(2006年)2月から再出発をしているんですが、VISAクレジットカードだけで旅しています。

トラベラーズチェックもアフリカキリマンジャロ用に少し用意しただけで、シティバンクカードもユーロも持ち合わせていません。VISAカード二人分だけ。

トラベラーズチェックも大きな額になると、盗まれてもすぐには返金してもらえません。また、たくさんのカードを持ち歩いても、そんなに使用しません。現金も持っていなくても、ATMは全世界にあります。

各国で、必要な金額をその都度ATMで引き落としをしるので、手数料もだいぶかかっていると思うんです。それでも、安全管理やリスクを考えると、トラブル対応もきちんとされているクレジットカードが一番使いやすいように思っています。

今回も携行品保険には加入しています。私たちは、パソコンやデジタルカメラを持って旅をしているので、もしもの場合に必要ですね。

あ〜 それにしても長かったぁ〜 正直な気持ちです。

それに、あきらめないでよかったぁ〜。

盗難の出来事と危機管理は忘れないと思うけど、盗難被害の手続きはすべて終わったので、気持ちの上で再スタートができます。

旅をされている方、される方、貴重品管理はくれぐれもご用心してくださいね!

たかさん♀

今日も読んでいただきありがとうございます♪
盗難に遭わないように危機管理モードを高めておくことは必要。それでも、もしも被害に遭ったときのために、被害を最小限にする対策がもっと必要だと思います。。。今日もクリックをよろしくお願いします!






■トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
 http://www.sekatabi.com/mt/mt-tb.cgi/543

■コメント

とにかく、返ってきてよかったね!!おめでとう!!
たかさんの嬉しそうな顔を見たら、すぐ隣で、
『ほら、かえってきてんでっ』って言ってそうな感じの写真で、笑ってしまいました☆

これからも、気をつけて、そして、何事にも諦めないで前進していってね!!

投稿者 いとうちゃん : 2006年07月23日 17:37

おめでとう。70万円はでかいです。やったー!地球の裏側でビールで乾杯してます。

投稿者 藤岡旦那 : 2006年07月24日 20:42

MIXI紹介文ありがとうございました(笑)
そうですね、クレジットカードの暗証番号は機械さえあれば簡単に読み取る事が出来ますから。但し、最近のICカードは難しい!
昔、鈴鹿サーキットのPOSシステム(スーパー等ののレジ)を作ったとき、クレジットカード決済ができるようにしました。日本F1が開催される時、外国人がクレジットカードで決済するからです。
IBMのPOSシステムだったのですが、当時(10年前)はカードの磁気帯にカード番号と暗証番号まで入っていました(今も入っているカードは多くある)。
だから、専門の知識が無くても、スーパーの中古のPOSレジを少し改造すれば暗証番号がわかるシステムが作れます。
まぁ、書かれていた通りプロの仕業ですね(涙)
応援していますから!(毎日欠かさず応援のクリック忘れてません)

投稿者 すなちゃん : 2006年07月25日 00:01



■コメントを書く
コメント登録機能を利用するには、TypeKey トークンを設定してください。

世界一周旅物語(せかたび)−世界のいまには夢がある!
E-Mai:mail@sekatabi.com   URL:http://www.sekatabi.com/
●相互リンクをご希望の方へ こちらで受付中です! ●テキストリンク広告 メールで受付中です!

世界一周旅物語(せかたび) Copyright © 2004-2017 All Rights Reserved. HP