世界一周旅物語の記事を探す
世界一周旅行メルマガ
「初対面は緊張するなぁ〜」「なにを話そうかな・・・」、そんな経験ありませんか? 世界一周旅行中の添乗員夫婦が言葉の壁を超え、世界の人に触れていきます。「人とのコミュニケーション」に興味がある方は、ぜひ無料メルマガを登録してください。もっと人が好きになります!  詳しくはこちら
メルマガ無料登録
@メールアドレスを入力して、A登録ボタンを押すと確認メールが届きます♪

@メールアドレス(半角):
A

世界一周旅行夫婦
世界を旅しています!

きょうさん、たかさん
添乗員夫婦の紹介

世界一周旅行リンク
世界一周サイト
せかたび夫婦と同じように世界一周旅行に出発されている方や、たび好きの方が運営されているサイトをご紹介しています。あなた旅にお役立てください。
リンクページはこちら
●相互リンクをご希望の方
こちらからどうぞ



 ホーム > せかたび日記 > ●ネイピア。ワイン産地の街
2007年09月03日
●ネイピア。ワイン産地の街


鼻紙ティッシュでおなじみのネイピア[Napier]の街。港町ネイピアには、木材などの世界的な積み出し港があり、日本の製紙会社のパルプ供給基地ともなっているそうです。

48napier1.JPG

街並みは、アメリカ摩天楼でおなじみのエンパイアステートビルやクライスラービルなど高層ビル群のデザインと同じ、アールデコ様式[Art Deco]の建築物が多いのが特徴です。直線よりも曲線を使ったデザインが、ちょっと昔の雰囲気でありながらオシャレな様子を感じさせてくれます。時間をとって、街歩きをするだけでも楽しめそうでした。

そんなネイピアを例える一番の印象は、ワイナリーめぐりでしょう。

ネイピアを含んだホークスベイ[Hawke's Bay]と呼ばれるこの地域は、ニュージーランドのワイン産地の中でも、良質なワインができると評判の場所であります。

インフォメーションに置いてる「ワイナリーマップ」には、36のワイナリーの詳細が書かれています。

クライストチャーチで飲む機会があったチャーチロード[CHURCH ROAD]。産地は気にしていなかったのですが、よく見ると、ここホークスベイだったんですよね。

(ま、見学だけで・・・)ということで、チャーチロードワイナリーへ行ってみることにしました。


Church Road Winery

ワイナリーへ行くのは、ポルトガルで行った「ポルトワイン」以来。残念ながら、見学ツアーは出発したあとだったので、中は見なかったのですが、1時間10ドルで見学できるそうです。

ワイナリーが凝縮していたポルトの街と比べて、ネイピアの場合は、各ワイナリーが離れています。なので、ポルトでできたような徒歩散策はちょっとしんどいかな。自分の好きなワイナリーを目指して、車で移動するのが必要なようです。駐車場もたっぷり広い!

48napier3.JPG

中は、オシャレなレストランがあって、優雅にランチを摂っている人でにぎわっていました。ワイナリーだけど、ワインを売っているだけでなく、くつろぎの空間を提供しているように感じたのが印象的でした。

フランスでもいろんなワインを飲ませてもらいましたが、ニュージーランドにもあらゆる種類のワインがあります。ぶどうの種類がちがって、どうでこうで・・・通(ツウ)の人に教えてもらうのですが、どうも舌の記憶とマッチしません。どれを飲んでも同じように感じてしまうのはもったいないなぁ・・・

ま、「何を飲むかより、誰と飲むかが大切っ!」の得意な言葉で免じてもらいましょう(笑)。



次回、クライストチャーチ発オークランド行き、1,250キロ。旅の総まとめです。




きょうさん♂

いつも読んでいただきありがとうございます♪
これからもせかたび夫婦を応援してくださる方、こちらのクリックをよろしくお願いします♪
↓↓↓
『人気ブログランキング』





■コメント


■コメントを書く
コメント登録機能を利用するには、TypeKey トークンを設定してください。

世界一周旅物語(せかたび)−世界のいまには夢がある!
E-Mai:mail@sekatabi.com   URL:http://www.sekatabi.com/
●相互リンクをご希望の方へ こちらで受付中です! ●テキストリンク広告 メールで受付中です!

世界一周旅物語(せかたび) Copyright © 2004-2017 All Rights Reserved. HP