世界一周旅物語の記事を探す
世界一周旅行メルマガ
「初対面は緊張するなぁ〜」「なにを話そうかな・・・」、そんな経験ありませんか? 世界一周旅行中の添乗員夫婦が言葉の壁を超え、世界の人に触れていきます。「人とのコミュニケーション」に興味がある方は、ぜひ無料メルマガを登録してください。もっと人が好きになります!  詳しくはこちら
メルマガ無料登録
@メールアドレスを入力して、A登録ボタンを押すと確認メールが届きます♪

@メールアドレス(半角):
A

世界一周旅行夫婦
世界を旅しています!

きょうさん、たかさん
添乗員夫婦の紹介

世界一周旅行リンク
世界一周サイト
せかたび夫婦と同じように世界一周旅行に出発されている方や、たび好きの方が運営されているサイトをご紹介しています。あなた旅にお役立てください。
リンクページはこちら
●相互リンクをご希望の方
こちらからどうぞ



 ホーム > 旅人エッセイ > 2006年04月
« 2006年03月 | メイン | 2006年05月 »
2006年04月24日
●イスラエルへの入国情報

ヨルダンから北の隣国シリアへ行かれる方の中には、西の隣国イスラ エルへの入国を計画している方も多いと思います。ただ、シリアとイスラエルが国交を結んでいないこともあり、イスラエルへ行ったことが見つかるとシリアに入国できなくなるそうです。だから、自分のパスポートに「イスラエルの出入国スタンプ」を押されては困るんですね。

当然、ヨルダン出国時にも「出国スタンプ」を押されては困ります。 また、イスラエル入国時には厳重なチェックがあります。ハラハラドキドキ、、、

そこで、イスラエルへの入国を含めた、ヨルダンの出国からヨルダン再入国までのドキュメントをお届けします。


【ヨルダン出国】

06時25分 アンマンのアブダリバスターミナルから国境キング・フセ インブリッジ行きのバスが出発。6時30分発と聞いていたのに、時間前 の発車に驚き。車中ではジャンクロードバンダム主 演の映画が流れていた。運賃2JD(約320円)は、途中で集金される。

07時10分 ヨルダン側の国境に到着。車が込み合っていてすぐにターミナルに入れず、10分ほど車中で待機。7時20分バス下車。

07時30分 荷物を持って、出国審査へ向かう。在住人が並んでいる列とは異なり、建物の裏側に回り出国審査を受ける。パスポート提示のあと、ヨルダン出国税5DJ(約800円)の用紙を購入。「No stamp please」と伝 えると、慣れた様子で出国税の用紙の裏側にヨルダン出国のスタンプを押してくれる。その後シャトルバスを待つ。

08時30分 国境を越えるシャトルバスに乗車。出発前に、パスポートチェックと運賃の集金。一人2.25JD(約360円)、荷物0.5JD(約80円 )。

08時45分 バス出発。「キング・フセインブリッジまで4キロ」の表示あり。

08時50分 バスが停まり、全員下車。仮設小屋のような窓口でパスポ ートチェック。再びバスに乗車し、キング・フセインブリッジを通過 。

【イスラエル入国】

08時55分 イスラエルの国旗が見える。車中に待機したまま、バストランクの荷物チェック。

09時00分 イスラエル側の国境に到着。バス下車。プレハブのような 建物のところで、手荷物を除く荷物をパスポートを預ける。どうやらパスポートと荷物をバーコードで一致させる様子。5分後荷物は預けたまま、パスポートは返却される。空港のチェックインのような手続き。

09時10分 手荷物検査。靴やベルトをはずして検査を受ける人もいた 。ボクの場合、手荷物に入れていたデジタル一眼レフカメラがよくチェックできなかったようで、手荷物カバンから出して、再度デジタル一眼レフカメラだけチェックを受けられる。さらに、全身のエアーチェック。足から肩口まで空気をかけられ不審なものを持っていないかを調べられる。パスポートチェック。

09時20分 入国カード記入。出国カードと同じ一枚になっているので 、名前やパスポート番号などはニ箇所に記入。入国審査に並ぶ。

09時50分 「No stamp please」と伝えると、うなづく笑顔の女性係員。ボクら夫婦(一緒に受けた)への質問は次の通り。「訪問の目的は?」(観光です)。「何日滞在予定?」(三日です)。「ど こに泊まります か?」(PALM HOSTELです)。「イスラエルに知り合いはいますか?」(いません)。「イスラエルのあとどこへ行きますか?」(ヨルダンです)。「ヨルダンのあとは?」(シリアです)。入国カードを切り離し、出国カードにイスラエル入国スタンプが押される。所要3分だった。

※同行していたほかの旅仲間さんの入国審査は「3分」では終わらず、 「Have a seat」と言われ待機。パスポートを別室へ持って行かれ、40分ほど待たされる。理由はパスポートに押されていた他国のスタンプ。イランへ行った人、パキスタンへ行った人、シリアやレバノンへ行った人は 、「いつ行ったのか?」「何日くらい行っていたのか?」「何のために行っていたのか?」など質問が増えたらしい。但し、彼らと同 じようにイランとパキスタンへ行っていた夫 婦は、ボクらと同じように「3分」で終了したとのこと。夫婦の場合、通りやすいのかもしれない。

10時50分 預入荷物を受け取るために入国審査場を出たいのだが、ここでもパスポートチェックのため長い列。やっと順番が回ってきたと思ったら、ボクだけストップ。「座って待っていてください」と言われる。同じように待たされている人に聞いたところ、理由はどうやら 、手荷物に電子機器を持っているため(先ほど手荷物検査でデジタル一眼レフカメラのチェックを受けているので、ボクの再チェックの記録があった模様)。10分ほど待ち、名前を呼ばれる。金属探知機で手荷物カバンを入念にチェックされた後、ようやく入国審査場を出られる。ほっぉ〜 無造作に置かれている預入荷物を取って、エルサレムへ向かうためバス乗り場へ。

11時40分 国境からエルサレムまでの移動手段は乗合タクシーのみ。預入荷物の大きさに関わらず、運賃は一人30NIS(約750円)。チケッ トを買い、10人乗りのきれいなバンに案内される。発車 前に、イスラ エルナンバーの写真を撮ったところ・・・ ここで事件発生! 「ここで写真を撮ってはいけない!」と私服警官(どう見てもそこらの兄ちゃん)がやってきて建物に連れて行かれる。「何を撮ったのか」と聞 かれ、撮ったナンバープレートの写 真を見せると、怪しいものを撮っていないことが分かってもらえたようで「行っていいよ」と乗合タクシーへ戻 してくれる。撮影注意!

11時50分 乗合タクシー出発。エルサレムの市内へは約40分で到着。

【イスラエル出国】

10時30分 エルサレムの市内から国境まで乗合タクシー(往路と同様、運賃は一人30NIS)。約40分で到着するが、金属探知機による車両チェックがあり待機。

11時20分 バス下車。荷物を預け(そのままバスへ積み込んでくれる)、建物へ。イスラエル出国税140NIS(約3,500円)の支払い(VISAカードOK)。出国審査。入国時よりも厳重な雰囲気は感じなか ったが、念のため「No stamp please」と伝える。無表情のままうなづいて、出国カードにイスラエル出国スタンプを押してくれる。

12時10分 国境を越えるシャトルバスに乗車。キング・フセインブリッジを通過後、停車し、パスポートチェック。イスラエルの出入国スタンプの確認にはじまり、ヨルダンの出国スタンプの確認、それにエジプトから入国した際のヨルダンの入国スタンプも確認していた。

【ヨルダン入国】

12時20分 シャトルバス下車時に、運賃支払い。2.5JD(約418円)。 ヨルダンディナールがなかったので、イスラエルシェケルで支払い。 15NIS(約400円)。入国審査。

12時30分 念のため「No stamp please」と伝える。係員はうなづき、別紙にヨルダン入国スタンプが押される。バ ス乗り場へ。

12時50分 マイクロバスに乗車。満席になるのを待って出発。アンマンのアブダリバスターミナルへは約40分で到着(途中で運賃2JDの支払い)。


以上が、ヨルダンを出国してからイスラエルへ行き、ヨルダンに再入国するまでの流れです。すべてのスタンプが別紙に押されたことで、 イスラエルへ行った形跡はパスポートはもちろんどこに も残っていません(スタンプが押された別紙はすべて破棄)。

これで安心して、シリアの入国審査に臨めます。

きょうさん♂

世界一周旅物語のブログランキング





2006年04月15日
●プチ・ファラオ(王)体験 

長期にわたる世界一周旅行。倹約生活の毎日を送り、安宿めぐりをしているボクらにとって、「ピラミッドが見える家」での生活はあまりにも快適な暮らしでした。

扉を開けるとバットの素振りができるくらい広いフロア。見上げると、落ちてきたら串刺しになりそうなオシャレなシャンデリアが照らしてくれます。タイル張りの廊下はロングパットの練習ができるほど長く、部屋の移動だけでも運動不足の解消になりそうでした。

ふかふかのベッドはキングサイズ。心地よい安眠から目が覚めると、100%のオレンジジュース。おとし立てのコーヒーと一緒に焼き上がったばかりのほかほかパンや、ほどよい甘みのクッキーが飾る朝食のテーブル。

インターネットはADSL回線で常時接続。「1時間いくらだろう?」なんて気にせず好きなだけ使えます。休憩がてらに書棚を眺めたら、世界各国のガイドブックや読みやすそうな歴史の本がズラリ。読んでも読んでも読みつくせない量が並んでいます。

洗濯機で着替え一式がリフレッシュ!お風呂に浸かって全身リフレッシュ!

夕方から聞こえはじめるキッチンの音。食卓に並ぶディナーは、素材のひとつひとつから丹念に作られた、毎日が豪華メニュー。エジプト料理はもちろん、スパゲティなどのイタリアン、うどんやそうめん、いなり寿司、炊き込みご飯からカレーライスまで日本食もふんだんで健康面もバッチリ!(思い出しただけでもヨダレがぁ〜) それもうれしいことに何人分?と思えるほどの、いくらでもお代わりできる大食家好みのボリューム。あぁなんて幸せなんだ!とただ感動・・・ 大好きなコーラーもたっぷり飲む、大満足の晩餐。

アラビア語に加えて、英語と日本語を話すエジプト人のご主人さんとの会話は世界観拡がることばかり。行きたいところへ行く方法や、タクシーの値段の相場まで、生活する上での心配事もまったくありません。

食後はゆったりソファに座って、24時間映画チャンネルを眠くなるまで観賞。。。

(これは夢なのか・・・? 夢なのか?)

何度、そう思ったことでしょう。

でも、決して夢の世界ではなく、ありがたいことに現実の世界!

なんとまぁ、幸せな時間を過ごさせてもらったことでしょう!

(こんな幸せすぎる体験は長期旅行者にとってカラダに毒、、、)慣れてしまっちゃいけないゾっ と思いつつ、お二人の「お家のようにゆっくりくつろいでね」のお言葉にたっぷりと甘えさせてもらいました。

エジプトで、ファラオ(王)の体験。

まったくの無知だったエジプト文明なんですが、多くの遺跡とともに少し身近に感じるようになりました。それは「ピラミッドが見える家」で過ごさせてもらったからこと、そう感じることができたのだと思います。

すっかり鋭気を養わせてもらったエジプト滞在。これからも貪欲に世界を見ていきます。monaさん、ご主人さん、本当にありがとうございます!

きょうさん♂

ランキングの応援、いつもありがとうございます!
こちらをクリックしていただけると投票されます♪






2006年04月14日
●Hello、ハロー、はろ〜

エジプトの街を歩いていて、一番よく聞こえてくる言葉。

それが、「Hello」でした。

ボクらに対して言ってきているので、聞こえてくるというより、言われているという感覚なんですが・・・。

どの国でも観光地を歩いていると声をかけられます。でもそれは「お土産物を見て行ってよ」と誘われることなんですよね。旅行者なのでお店の人に声をかけられるのは当たり前。それが、エジプトの場合はちょっと違うんです。

お土産物屋さんといったお店の人に限らず、いろんな人が声をかけてきます。特に子どもたち。とびっきりの笑顔で「ハロぉ〜」と言ってきます。ボクらも笑顔で「ハロォ!」と応えるんですが、それで終わりません。また「ハロぉ〜」と言って来るんです。その繰り返し。あんまり続くと(ほかの言葉は知らんのかい!?)と思ったりするんですが、どうやら「お小遣いちょうだい!」の意味だったりするようです。

カイロのシタデルや、ルクソールのカルナック神殿では、社会見学に来ている小学生の子どもたちに会いました。それはもう、珍しい外国人を見つけたかのように、クラス全員が「ハロぉ〜」と言ってくるんですよ。まるでホームランを打った選手がベンチ前で皆に迎えられるような雰囲気です。

特に女の子からの「ハロぉ〜」は多かった。ボクらが応えると、次に出てくる言葉は決まって、「What is your name?(あなたの名前は何ですか?)」。ボクらが応えると、彼女た ちも自分の名前を言って、笑顔で去っていきます。これって、授業で習っているの?って思うほど、決まり文句になっているみたい。彼女たちはそんな会話を楽しんでるようでした。

エジプト人男性の場合、またパターンは違ってきます。「ハロ〜」は同じですが、さすがに名前は聞いてきません。代わりに、どこの国から来ているのかと尋ねられます。顔から見てアジア人と察しはつくようで、「チャイニーズ?コーリヤ?ジャパン?」ってな感じです。ボクらが、「ジャパン」と応えると、次に聞かせてくれる言葉は、決まって「コンニチハ」。そして「サヨウナラ」と続け、ニコっと笑って去っていきます。

彼らは商売人ではないので、何かを買ってもらおうという意味ではありません。エジプトにやってきた旅行者との会話を楽しむかのように、笑顔でコミュニケーションしてくれます。もちろん、中には商売人もいるので、ボクらも見極めが必要です。でも、一般的にエジプト人は、相手との間に壁がなく、おしゃべりが盛んで、すぐにお友だちになれるような雰囲気があるように思いました。

「Hello!」、「ハロぉ〜」、「はろぉー」。

年齢によって、言い方はいろいろです。でもエジプト人の「Hello」を聞くたびに、コミュニケーションは、いつでも、どこでも、はじめられるんだなぁ〜 と感じます。

ぜひまたやって来て、過ごしてみたい国です。

きょうさん♂

ランキングの応援、いつもありがとうございます!
こちらをクリックしていただけると投票されます♪






2006年04月13日
●シリアビザ、カイロで取る

シリアもビザ(査証)が必要で、カイロにあるシリア大使館で取ることを考えていました。

シリア大使館へ行けばすぐに取れると思っていたんですが、意外にも時間と手順が必要でした。旅の日程を左右することなので、これから取得する人のために記しておきます。

■シリアビザをカイロで取る手順
1.モガンマアへ行き、エジプトのビザを6ヶ月に延長する。
2.日本大使館へ行き、レターを申請する。
3.(2.)の翌日以降、日本大使館でレターを受け取る。
4.シリア大使館へ行き、ビザを(3.)と合わせて申請する。
5.(4.)の翌日以降、シリア大使館でシリアビザを受け取る。
※(1.)と(2.)は順不同ですが、(1.)の手続きの間に(2.)のレター申請ができるので時間を効率よく使えると思います。

■詳細
1.モガンマアの(日本で言う)2階で、エジプトビザを6ヶ月に延長[Extention]します。延長申請のために必要なものは次の5点。@申請書(2階の窓口でもらって記入)、Aパスポート、Bパスポートのコピー(顔写真部分1枚と、エジプト入国時の印紙ページ部分1枚)、C延長費用11.5ポンド(約230円)分の印紙(2階、34番の窓口で購入)、D写真1枚(サイズに決まりはなさそう)。これら5点を12番窓口へ提出すると、「2時間後に取りに来てください」と言われます。2時間後にピックアップ。パスポートに6ヶ月分のエジプトビザシールが貼ってありました。

2.レターを申請するには次の2点を求められます。@名前、パスポート番号など必要事項を専用用紙へ記入、Aエジプト以降、日本帰国までの大体の日程を白紙へ記入。この2点を窓口へ提出すると、「明日以降に取りに来てください」と言われます。日本大使館は、金・土がお休み。

3.日本大使館へ行き、レターを受け取ります。パスポートを窓口で見せればA4サイズのレター(封筒付)がすぐに受け取れます。

4.シリア大使館(地下鉄ドッキ駅)へ行き、シリアビザを申請します。申請のために必要なものは次の5点。@日本大使館で受け取ったレター、Aパスポート、B写真2枚、C申請書(無造作に置かれている用紙に記入)2枚、Dビザ費用160ポンド(約3,200円)。これら5点を提出すると、「明後日の午後1時に取りに来てください。明日ではありません、明後日です」と言われました。受け取れる時間も制約があるようで、午後1時から2時の間だそうです。

5.再度シリア大使館を訪ね、提出した部屋に入る。「パスポートを取りに来たの?」と聞かれ、はいと答えると机の引き出しからパスポートを出し、名前と写真を確認して渡される。シリアビザを確認し、完了。

以上のことから、カイロでシリアビザを取得するには、日本大使館でレターを申請してから、最短でも4日必要ということになります。旅程の調整に注意をしてください。
<2006年4月13日情報>

きょうさん♂



カテゴリ: 旅の達人 | コメント (1)


2006年04月08日
●日本の野球は強いんです

阪神タイガースの金本知憲選手が世界新記録を出しましたね!

904試合連続フルイニング出場ですって!いやぁ〜 すばらしい。。。 インターネットで関連記事を読み漁りましたが、筋力を維持してきた努力の結果、本当にすばらしいです。プロ中のプロですね!! 

ケニアのナイロビで、「日本」がワールドベースボールクラシックの初代王者になったことを知りました。エジプトのルクソールで、マリナーズの「城島選手」が開幕二試合連続ホームランを打ったことを知りました。

世界のいろんな都市でインターネットネットカフェへ行きますが、プロ野球ニュースをチェックするのも楽しみなんです。ワールドベースボールクラシックのチャンピオンになって、王監督が胴上げされている写真を見たときは、ビックリ!二次予選ひやひやだったのに、まさか優勝!!? でもすんごい、いい気分になれました! 日本人捕手として初のメジャーリーガーとなった城島選手もとびっきりのスタートダッシュを見せてくれて頼もしい限りです!

世界のステージで日本や日本人選手が活躍しているニュースはとても励みになります。世界を旅しているからかもしれませんが、特にそう思います。

そうそう、小学校、中学校、高校と12年間、無遅刻無欠勤の皆勤賞だったんです。ボクの自慢・・・。どこで何をするにも身体が資本です。健康な身体に産んでくれた両親に感謝し、世界を見ていきます!

きょうさん♂

今日も応援、よろしくお願いします!→「人気blogランキング」





ココロザシの高いサル
人間の魅力
添乗員からの視点
日本人のココロ
夫婦のグチ
旅の達人

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

●イスラエルへの入国情報 (4/24)
●プチ・ファラオ(王)体験  (4/15)
●Hello、ハロー、はろ〜 (4/14)
●シリアビザ、カイロで取る (4/13)
●日本の野球は強いんです (4/ 8)

2007年08月
2007年04月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年09月
2006年08月
2006年07月
2006年06月
2006年05月
2006年04月
2006年03月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
世界一周旅物語(せかたび)−世界のいまには夢がある!
E-Mai:mail@sekatabi.com   URL:http://www.sekatabi.com/
●相互リンクをご希望の方へ こちらで受付中です! ●テキストリンク広告 メールで受付中です!

世界一周旅物語(せかたび) Copyright © 2004-2017 All Rights Reserved. HP