世界一周旅物語の記事を探す
世界一周旅行メルマガ
「初対面は緊張するなぁ〜」「なにを話そうかな・・・」、そんな経験ありませんか? 世界一周旅行中の添乗員夫婦が言葉の壁を超え、世界の人に触れていきます。「人とのコミュニケーション」に興味がある方は、ぜひ無料メルマガを登録してください。もっと人が好きになります!  詳しくはこちら
メルマガ無料登録
@メールアドレスを入力して、A登録ボタンを押すと確認メールが届きます♪

@メールアドレス(半角):
A

世界一周旅行夫婦
世界を旅しています!

きょうさん、たかさん
添乗員夫婦の紹介

世界一周旅行リンク
世界一周サイト
せかたび夫婦と同じように世界一周旅行に出発されている方や、たび好きの方が運営されているサイトをご紹介しています。あなた旅にお役立てください。
リンクページはこちら
●相互リンクをご希望の方
こちらからどうぞ



 ホーム > 旅人エッセイ > 2005年08月
« 2005年07月 | メイン | 2005年09月 »
2005年08月29日
●ここでプレーがしたかった

「ゴルフの聖地でプレーをする」

セントアンドリュースに来るからには、目標としていたことなんです。だってパブリックコースだし、プレーできるんだから。

それでも、「予約は12ヶ月前に」と言われるくらい人気のコース。ここでプレーがしたい人はゴルフ人口くらいいるんじゃないでしょうか。たぶん世界で2位じゃないかな?(1位は、マスターズが開催されるオーガスタナショナルだったと思う)。

昨日の日曜日お散歩だって、こっそりとコースの下見だったりする・笑。コースを歩いた人とそうでない人のスコアの違いは大きいゴルフコースです。

さて、そんな人気のゴルフコース。いったい、どうしたらプレーできるの?

セントアンドリュースのインフォメーションセンターに行ってみたら、資料を渡してくれて、教えてくれました。プレーする方法を!資料まで用意されているんです〜、プレー希望者は多いんですよね、やっぱり。

何が書かれているかな・・・? 

「セントアンドリュースのホテルに泊まる」

えっ?そんな豪華なホテルに泊まれるはずがない、、、と即、却下。

いくつか候補がある中で、ボクが目をつけたのが、ひとりゴルファーのキャンセル待ちだったんです。

これは、4人予定の組に空きが出たときに、そこに入ってプレーできることなんです。ボクの場合は、ひとりゴルファー(たかさんは、それほどしない)なので、(そりゃ、いいやぁ!)と朝からキャンセル待ちに並ぶことにしました。

だって、「早く並んだ方がプレーできる可能性が高い」とまで書いてあるんですからね。

朝一番スタートが7時なので、ボクらは6時にコースに行くことにしました。


そして迎えた、月曜日の朝。

(遅かった、、、)

すでにキャンセル待ちコーナーには、長蛇の列が・・・。

「あなたもひとりゴルファーのキャンセル待ち?」って聞いたら、「そうだ」って。数を数えて、「君が13番目だよ」。

「じ、じゅう さん ばん めぇ〜!」

せめて5番目くらいまでに並べば、可能性が出てくると思っていただけに、いきなり出鼻をくじかれた想い。「月曜日は銀行が休みだから人は多いかも」と聞いていた情報を思い出しました。(ホンマに、多い・・・)

まぁ、今日ダメなら、明日があると思って、一番に人に「何時に来てたの?」って聞いたら、「5時」だって。(こりゃ、夢の中だ・・・)

かすかな可能性に期待して、並び続けることに。

7時にスタート室が開いて、キャンセル待ちの人が順に名前を書いていきます。そして午前になりそうとか、午後になりそうとか聞いているんです。もしかすると、(夕方にはプレーできるかも)と期待モード。日が長いから、夕方5時くらいにスタートしても18ホールプレーできますからね。

そんなことを思っていたら・・・

気になるものが、目に入ってきました。

どうやら、ボクの前に並んでいる人が皆、身分証明書みたいなものを持っているんです。

あっ!!

確か、所属ゴルフコースのハンディキャップ証明書が必要だったようなことを昔に聞いたことがある。

日本でも、どこの国でもいいんだけど、どこかのゴルフコースのメンバーであることが条件で、ハンディキャップがいくつであるか証明されていなければならないんです。

(そんなん、持ってないやぁ〜)

オーストラリアに一年いたときは、持っていたけど、期限切れだし・・・

(さぁ、ヤバイぞぉ〜)

そして、ボクの番。ハンディキャップ証明書を持っていないことを伝えると、「オールドコースは、何かのドキュメントが必要なんだよ」と。パスポートではダメかとダメもとで聞いたりしてみましたが、交渉むなしく。。。明日になっても同じだと言われ・・・

ボクは、あきらめることにしました。

だって、所属コースがないんじゃぁ、仕方がない・・・

1番ホールから続々とスタートしていく人たちを見送りつつも、ボクはなかなかその場から離れることができませんでした。無念・・・

「ゴルフの聖地でプレーする」。またひとつ、未来の目標ができました。

きょうさん♂
カテゴリ: 旅の達人 | コメント (0)


2005年08月26日
●ゴルフを感じるたかさん

ゴルフが大好きなきょうさんと比べて、私は、あんまり好きではないんです。だって、ゆっくりのペースでゲームも長いんだもん!

でも一応、日本ではお父さんのお古のクラブセットも持っていたし、パブリックコースで1回だけプレー経験はあり。

そんな私から見て、イギリスのゴルフコースは、格式がありすぎて融通が聞かないなぁ〜って感じました。世界で指折りの名門コースと言われる「ミュアフィールド」(きょうさん情報)へ行ったんです。

それは、それは、大きな門を構え。ゴルフをしに来た人は、みんなジャケット姿!

ゴルフするのに、なんでジャケット?って思ったら、ゴルフするときは、もちろん着替えるとか・・・ クラブハウスに入るときは、ジャケット着用らしい。「わざわざ着替えなくてもいいのに、面倒だなぁ〜」って、きょうさんに言ったら、「これが名門コースのエチケット」だって。

そんな由緒あるゴルフコースへ行く私たちは、ジャンパー姿。だって、そんな服持ってきてないもん。

夕方5時を過ぎ、レストランも閉まり、プレイヤーも少ない中、ふたりでコースを歩く。雨も降っているというのに、きょさんは子どものように、喜んでいる。

(18ホールも回るの〜)と内心思いながら、きょうさんの後についてく私。きょうさんは、ゴルフについていろんなことを教えてくれた。

途中、ボールを打つティーグランドという場所の横に緑の機械があった。「何!?この機械??」。「何だと思う?」ときょうさん。何と!「ボール磨き」だんたんです。

「どうやって磨くんだろう?」と思った。日本のゴルフコースでもあるようなんですが、私ははじめて見ました。(うまいこと考えたなぁ〜)

そして、グリーンのカップの位置は毎日変わるのだそうです!

同じ場所には、絶対ないらしい・・・。芝生が、痛むからだって。毎日、10センチくらいの穴を開けては、その芝生で昨日の穴を閉じるといった作業をしているとは!全く知らなかった、、、えっ?皆さん知っていた?

メンバー制の「ミュアフィールド」は、素人でも分かるくらい管理が行き届いていて、緑がとってもきれいだった。遠くに海が望めるし。きょうさんは「プロはすごい」ってずっと言っていた。私には分からないけど・・・。

それにしても、こんな風の中でゴルフするの??というくらいの強風。

寒かったけど、コースを歩いたことによって、ちょっとだけ、ゴルフを感じた一日でした。

たかさん♀


2005年08月25日
●ミュアフィールドの思い出

スコットランドの中心地エジンバラ。その東の小さな街に「ミュアフィールド」というゴルフコースがあるんです。5,6年おきにメジャートーナメント『全英オープン』が開催される名門コースなんです。

どうしても、このゴルフコースが見たくて、わざわざこの街にやって来ちゃいました。

ボクがこのゴルフコースを知ったのは1992年のこと。学生時代で、ゴルフに夢中になっていたころでした。タイガーウッズはまだデビューしていなくて、当時の王者はイギリスのニックファルドというプレイヤーでした。

ボディターンをテーマにしたゴルフスイングがとても美しく、プレースタイルはいつも沈着冷静。ボクは、ニックファルドの本を買って練習に励むほど、憧れにしていたんです。

「ミュアフィールド」で開催された1992年の『全英オープン』。優勝候補は、ニックファルドでした。

しかし、スコットランド特有の強い風に悩まされ、スコアが伸びず、ほかのプレイヤーに首位を奪われそうになる、とても苦しい展開でした。それは深夜テレビの生中継を見ていても緊張感が伝わってくるくらいでした。

それでもファルドは冷静にプレーを続け、勝負どころの17番ホールでしっかりバーディを取り、最終18番ホールもパーで見事優勝しました。そのパーパットをカップに沈めた瞬間、ファルドは腕で顔を覆い、涙したんです。ボクは、一瞬ブラウン管を疑いました。えっ?泣いているの? ゴルフというスポーツや、ファルドというゴルファーに涙の印象がなかったため、とっても驚いたんです。

(ゴルファーでも泣くことがあるんだ・・・)そう思うと同時に、心底苦しかったんだなぁ、だからこそうれしいんだろうなぁ、そんなことを思いました。ゴルフというスポーツをより深いものに感じたことを覚えています。

ボクがゴルフをより深く感じるようになったきっかけは、間違いなくここ「ミュアフィールド」なんです。

できれば、プレーがしたい。プレーできなくても18ホールを歩いてみたい。18ホールを歩けなかったとしても18番ホールだけでもフェアウェイを歩きたい。ニックファルドが、最終ホールをどんな想いで歩いたのか、そんな気分を感じてみたかったんです。


道路地図にも「Muirfield」って書かれてあるのに、街に来ても看板や案内がないんです。小さな街だからすぐに分かると思ったのに見当たりません。住宅街に迷い込んでしまいました。

エストニアナンバーの車がうろうろしているのを不思議そうにみている住人の方と目があったので、クルマを停めて聞いてみました。

「すみません、ミュアフィールドのゴルフ場を知りませんか?」

そう言って、ロンドンで手に入れていたイギリスゴルフ場ガイドブックのミュアフィールドゴルフコースのページを示して尋ねました。すると、その人は笑顔で「もちろん知っているよ」と言って、行き方を教えてくれたんです。

さすがは、「ミュアフィールド」だ。地元の人にとってもここは誇りなんだろうなと感じます。

別れ際、「あなたもゴルフをしますか?」って聞いたら「イエス」。「ミュアフィールドでゴルフしたことがありますか?」って聞いたら、「ボクは、ミュアフィールドで働いているんだよ」って。いやぁ〜 びっくり偶然!うれしくて、1992年のニックファルドが涙したことを話したら、「あれは印象的だったね。スピーチで歌を歌ったんだよね」と。

そうそう!確か、生中継では時間切れで放映されなかったんだけど、翌日のスポーツ新聞にファルドが歌っている写真が掲載されたことを思い出しました。なんかそんなゴルフ話もできて、気分をよくして、「ミュアフィールド」に向かいました。


教えてもらったとおりに行くと、確かに見つかりました。派手な看板は一切なく、奥まった通りにある、品のいい門を見つけました。

(こりゃ、聞かないと分からないや〜)

さすがは、名門ゴルフコース。メンバーシップ制だけあって、そのプライベート空間は立派なもんです。

おそるおそる近づいていくと、17時を過ぎていることもあり、クラブハウスは誰もいません。(遅かったかぁ、、、) レストランの裏側に行ってみると、男性スタッフがいます。コースを歩けるか聞いてみたら、「プレイヤーしか中に入れないんだよ」って。そりゃそうだよなぁ・・・。クラブハウスの外観しか写真を撮ることができず、ボクはしぶしぶコースを出ることにしました。

(んんん〜 なんだか不完全燃焼!)

もっと「ミュアフィールド」に近づきたいボクは、場所を教えてくれた人のところへ行くことにしました。

「すみません、、、ミュアフィールドは分かったんだけど、誰もいなくて・・・ できればプレーしたいし、せめて歩くだけでも・・・」そんな相談をしたら、「明日予約係に聞いてみよう。午後にコースで会いましょう」ということになったんです。

(もしかして・・・)

しかしそこはさすがに名門コース。ベストシーズンは予約がいっぱいでプレーは10月くらいにならないとできないとのこと。でも、彼のおかげで、簡単に中に入れないゴルフコースを歩かせてくれることになったんです。

一流コースのスタッフは、心配りも一流なんですね。おかげで大感動の「ミュアフィールド」になりました。

きょうさん♂


2005年08月21日
●高すぎると、トイレは困る

背の低い私にとっては、いつも大変な問題を抱えているんです。

きっと、きょうさんには分からないことが・・・


それは、トイレの便座の高さのこと。

背の高い外国人用は、便座の高さが高いんです。

だから、背の低い私が座ると、足がぶらんぶらん・・・。床に足が届かないから、ちょっと、トイレがしにくい・・・。

そしてトイレットペーパーの位置は、(何でこんなに遠いねん!)ってツッコミたくなるくらい、便座から離れていたりするんです。

ひどい場合は、いったん便座から降りて、歩いてトイレットペーパーを取りに行ったことも・・・。

また、洗面所の鏡もなんですよぉ〜。

手を洗いながら、鏡を見ても、自分のおでこしか見えない!

冗談かと思うでしょ。本当なんです。。。

鏡が高すぎて、まったく私の影が映らない場合もあるんですよ!

(もう!!)って、言いたくなっちゃう。


もちろんトイレ以外でも、公園のベンチでさえも、座高が高い!

」 やっぱり、これもお国柄。仕方ないことだけど、このことを、きょうさんに言ったら、「へぇ〜 そうなんだ!」ってまるで他人事!きょうさんには日本の便座よりもぴったりらしい。

背が低くて苦労することも多い私ですが、この旅でいいことがひとつあるんです!

それは、車で寝るときは、まっすぐ足を伸ばしたまま眠れることです!

だから、車で寝るときは、きょうさんほど窮屈じゃないんです(喜)。
(でも、きょうさんは、日本の布団でも足が出ていたような気がするんだけど。。。)


153センチ。背の低い、私のボヤキ話でした。

たかさん♀


2005年08月09日
●ベルギーは首都だけ滞在

ベルギーといえば「小便小僧」が有名で、私たちも楽しみにしていた。

ベルギーの首都ブルッセルの中心地に「小便小僧」はいた。たくさんの観光客に囲まれ、小さな小さな小僧は、何だか着せ替え人形のように服を着せられ、小便をしていた。

世界ガッカリ観光地のひとつにも入ると言われている「小便小僧」。なるほどと思わせる。コペンハーゲンの人魚姫より小さかった。

こんなに小さいのに、世界中から観光客を呼び寄せる秘訣は何なんだろうか?

観光地だけあって、周りはお土産物屋さんであふれている。

そのひとつのベルギーワッフルは、おいしかった!ワッフルの上には、イチゴやバナナ、生クリームなど好きなものをのせて食べる。日本で売られているものよりも柔らかく、パンケーキのような感じだった。甘いもの好きのきょうさん、大喜び!

また、ゴディバのチョコレートも見かけた。これまた観光客で埋め尽くされていたので、残念ながら食べられなかった(悲)。

小さい国なので、あっという間に通り過ぎることができる。

さぁ、フランスからユーロトンネルでイギリスへと入国する。きょうさんの一番楽しみにしている国。あまりイギリスの情報がないので、イギリスの情報を知っている方は、ぜひ、コメントに入れてくださいね! お願いします〜

たかさん♀


2005年08月08日
●オランダに捧げる日本歌

だいぶ前の話になるが、ノルウェーの首都オスロへ向かう車中、きょうさんが言った。

「外国人宅に招待されたときに、お礼に何がしてあげられるか?」と。私は悩んだ。

だって私たち夫婦は、人前でしゃべることは何ともないのだが、残念ながら人前でできる芸がない。日本出発前にも同じ話をしたことがあり、一度「南京玉簾」を勉強しようかとも考えていた。断念してしまったが・・・。

なぜ、そんな話になったかというと、ノルウェーで知り合ったオランダ人老夫婦に「オランダに来たときはうちに来なさい」と招待してもらえたからだ。

車を走らせながら、ふたりで考え、歌を唄うことに決めた。

「さぁ、何を唄おうかぁ?」

きょうさんは、「私たちの結婚式で唄った和田アキ子の『あの鐘を鳴らすのはあなた』はどうか?」と言ったが、どうもピンとこない。。。ウルフルズの「バンザ〜イ君に会えてよかったぁ」とか、「贈る言葉」、「乾杯」などなど・・・候補は上がるが決まらない。

いろいろ考えたあげく、中島みゆきの「時代」を唄うことに決めた。

♪旅を続ける人々は・・・ではじまる2番の歌詞。

いつか故郷に出会う日を
たとえ今夜は倒れても
きっと信じてドアを出る。
たとえ今日ははてしもなく
冷たい雨が降っていても
めぐるめぐるよ時代はめぐる
喜び悲しみ繰り返し
今日は倒れた旅人たちも
生まれ変わって歩き出すよ

ドイツ人のモニカファミリー宅に泊まらせてもらったときも用意はしていたが、タイミングがなく、唄えなかった。

今回のオランダ人宅では、出発する朝に、あいさつを兼ねて唄った。

でも、唄いはじめてすぐ涙声になってしまった。

この3日間、オランダ人パパとママは一般旅行者は知らない魅力的な場所やレストランに連れて行ってくれた。ほんのわずかな縁なのに、ここまで関わってくれたことがうれしくて、別れが寂しくて、泣けてきてしまった。

いっぱい練習したつもりだったのに、音程がくるい、あんまりうまく唄えなかった。
そんな泣きながらの私に、きょうさんも、もらい泣き。そして、オランダ人のパパとママも聴きながら泣いていた。

唄ったあと、歌の意味を説明していると、また泣いてしまった。

改めて、いい歌だと思う。

旅は楽しい。でも辛いときもたくさんある。せかたびは、オランダで10カ国目になった。

その間、いろんな人と出会い、別れた。悲しみがあり、喜びがあった。でも時代は巡る。だから、たとえ今すごく大変なときを過ごしても、きっと未来は笑っていると思う。

アムステルダムの街なみや、ロッテルダムの世界的な港の風景よりも、もっと忘れがたい人との出会いがあったオランダ。私たち夫婦は、これからも旅の楽しさをたくさんの人に伝えていきたい。この「時代」の唄のように・・・

たかさん♀


2005年08月05日
●ドイツを過ごした感想  

ドイツの印象は、やはり車だった。ベンツにBMW、ワーゲンとドイツ車がたくさん走り、スピードもかなり速い。高速道路では150キロくらいはでいるだろうか? そんな中、気づけば、せかたび号も130キロくらいは、出ていた。なんせ、何どか大変な目に遭っているこの車。。。思わず、横の手すりをつかんでいた。しかし、日本車のMAZDAもなかなか好調だ。

ドイツは2006年、ロマンティック街道など南地方を訪れる予定。サッカー、ワールドカップにも行きたいと思っている。ヨーロッパの中でも比較的大きな国ドイツは、きっと北地方と南地方では、印象が違うだろう。また楽しみが増えている。

今回は、本場のドイツ人宅への宿泊ができ、いい経験が出来た。ドイツ人だから、ウィンナーとビールを毎日食べるだろうと思っていたけど、意外とウィンナーは、食べていなかった。ビールは飲んでいたけど・・・

私は年齢的に、子どもの育て方が気になった。

どこの国も子ども部屋にはおもちゃがある。このドイツ人宅の子ども部屋は、とても世界観があり、地球儀や地図、そして、家族の写真がたくさん置いてあった。また、子どもたちの書いた絵も、壁にたくさん貼ってあった。

子どもが伸び伸び育っている様子がよく分かる。

リビングには唯一のテレビがあり、みんなで楽しく見ている。そして、小さなバルコニーでの団らんがとても居心地がよさそうだ。

私も、世界観ある子どもの育て方をしたいと思う。

そんなことを考えさせられるドイツだった。

たかさん♀


ココロザシの高いサル
海外生活のコツ
人間の魅力
添乗員からの視点
日本人のココロ
夫婦のグチ
旅の達人

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

●ここでプレーがしたかった (8/29)
●ゴルフを感じるたかさん (8/26)
●ミュアフィールドの思い出 (8/25)
●高すぎると、トイレは困る (8/21)
●ベルギーは首都だけ滞在 (8/ 9)
●オランダに捧げる日本歌 (8/ 8)
●ドイツを過ごした感想   (8/ 5)

2008年01月
2007年11月
2007年10月
2007年08月
2007年04月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年09月
2006年08月
2006年07月
2006年06月
2006年05月
2006年04月
2006年03月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
世界一周旅物語(せかたび)−世界のいまには夢がある!
E-Mai:mail@sekatabi.com   URL:http://www.sekatabi.com/
●相互リンクをご希望の方へ こちらで受付中です! ●テキストリンク広告 メールで受付中です!

世界一周旅物語(せかたび) Copyright © 2004-2017 All Rights Reserved. HP