世界一周旅物語の記事を探す
世界一周旅行メルマガ
「初対面は緊張するなぁ〜」「なにを話そうかな・・・」、そんな経験ありませんか? 世界一周旅行中の添乗員夫婦が言葉の壁を超え、世界の人に触れていきます。「人とのコミュニケーション」に興味がある方は、ぜひ無料メルマガを登録してください。もっと人が好きになります!  詳しくはこちら
メルマガ無料登録
@メールアドレスを入力して、A登録ボタンを押すと確認メールが届きます♪

@メールアドレス(半角):
A

世界一周旅行夫婦
世界を旅しています!

きょうさん、たかさん
添乗員夫婦の紹介

世界一周旅行リンク
世界一周サイト
せかたび夫婦と同じように世界一周旅行に出発されている方や、たび好きの方が運営されているサイトをご紹介しています。あなた旅にお役立てください。
リンクページはこちら
●相互リンクをご希望の方
こちらからどうぞ



 ホーム > せかたび日記 > 2008年08月
« 2008年07月 | メイン | 2008年09月 »
2008年08月29日
●オークランドのヌードパレード写真集


50-08parade1.JPG

「オフィス街でヌード・パレード、10万人が仕事を中断して熱狂」

日本をはじめ、世界中へこの話題が紹介されました!

50-08parade4.JPG

先日の8月20日(水)、ニュージーランド最大都市、オークランドのメイン通りクイーンストリートで、年に一度のヌードパレード「ブーブズ・オン・バイクス(Boobs on Bikes)」が行われました。

50-08parade7.jpg自称「ポルノキング」のクロウ氏が企画した、今年で6回目のパレードなんですが、昨年はオークランドにいながら、まったくノーマークで見ていなかったんです。今年は、オークランド市が開催を阻止しようと裁判になったことが話題となり、数日前から新聞紙面をにぎわしていたんです。

気になる裁判の結果は、「(女性が公の場で乳房を露出することは)法的には問題ない」という女性判事の裁定があり、パレードは予定通りに行われることになりました。

50-08parade6.JPG

50-08parade2.jpgオフィス街が昼休みとなる時間帯、12時半ころから人が続々とクイーンストリートへ集まってきます。働いているオフィスはクイーンストリートに面しているのですが、窓から見下ろすだけではガマンできず(笑)、表に出て、見学することにしました。

老若男女問わず、歩道に集まる群衆!

13時前には、警察官の誘導で道路が閉鎖され、その合図と共に、人々は歩道から車通りへ出て、パレードを待つ状態となりました。

50-08parade3.jpg

50-08parade8.jpgそして、13時。
クイーンストリートをバイクや車に乗ってゆっくりと進んでくるポルノスターたち。モーゼが紅海を渡るときに、海が二つに割れていったように、ポルノスターが進んでいくと、群衆が道を開けていくような感じでした。手を伸ばせば届きそうな距離。警官が必死に制御していました。

デジカメ、ビデオカメラはじめ、携帯電話のカメラの被写体となるパレード。集まった群衆の数、10万人ですって!オークランドに住む人のおよそ10人に1人が来たことになります。

50-08parade5.JPG

11月に行われるサンタパレードも、クイーンストリートのパレードとして有名ですが、このヌードパレードの熱狂度合いは、まったくの別物、まるで別の街のようでした。

ちなみに、ポルノスターたちの数は100人らしいですが、実際には半分ほどだった気がします。それでも、(すごいなぁ〜)と驚きつつ、存分に楽しませてもらいました!

ニュージーランドって、驚き・楽しみ、いっぱいですね☆

きょうさん♂



いつも読んでいただきありがとうございます♪
これからもせかたび夫婦を応援してくださる方、こちらのクリックをよろしくお願いします♪
↓↓↓
『人気ブログランキング』




2008年08月08日
●スカイタワー再点灯しました


オークランドの象徴であるスカイタワーが再点灯しました。

再点灯。
というのも、ここ1ヶ月ほどスカイタワーのライトは消えていたんです。神戸にも街の象徴のひとつであるポートタワーがあり、夜のライトアップはとても素敵です。でも消えてる姿って、ほとんど見たことがないんですよね。

スカイタワーが消えていたのには、理由がありました。

ニュージーランド全土が電力不足だったからです。

50-08skytower1.JPG

ニュージーランドは、水力発電ですが、水力発電用の湖の水位がかなり減ってきていました。冬になると、暖房器具を使う人が増えるのですが、電気を使いすぎる傾向にあったのでした。

僕が働いているオフィスには、「節約にご協力」のチラシが配られるなど、電力会社は「電気の節約」を呼びかけます。スカイタワーも、その影響で電気が消されていたのでした。

僕がオークランドに来たときには、すでにスカイタワーがありましたが、スカイタワーが建てられる前までは、オークランドは殺風景な街だったと聞いています。この約1ヶ月、スカイタワーが消えていたオークランドは、まさに殺風景でした。

節電を心がけていたのは、スカイタワーだけではなく、ほとんどのビルがネオンを消していたので、ハーバーブリッジから見る夜のダウンタウンは、まるで平凡な田舎町のようだったのです。

(はやく点かないかな〜)

帰宅途中に、消えたスカイタワーを見上げる習慣がついていましたが、先日ようやく再点灯です。

50-08skytower2.JPG

どうやらここ数週間の豪雨で、湖の水位が上昇したからだそうです。

スカイタワーを灯してくれるんだったら、大雨も我慢できますね!

国全体で環境に取り組む姿勢。

ニュージーランドの魅力の一つと思います。

きょうさん♂



いつも読んでいただきありがとうございます♪
これからもせかたび夫婦を応援してくださる方、こちらのクリックをよろしくお願いします♪
↓↓↓
『人気ブログランキング』




2008年08月01日
●ニュージーランドで陶芸体験


陶芸をやってみたんです!

同じ建物に住んでいるお隣さんが陶芸をされていて、新しい器を作っていたので、私も初挑戦させてもらったんです。

50-08tougei6.JPG

なかなか奥が深いですね〜

まず、土を練るところから始まります。土の中に空気が入っていると、乾いたときにヒビが入ってしまうので、空気を入れないように、練っていきます。

次は、ろくろを回転させて、円柱状にしたその土の中の空気を吐き出していきます。平たい山に・・・細高い山に・・・繰り返していくんです。

50-08tougei3.JPG

達人は力の入れ具合が上手いらしく、簡単にできるそうなんですが、私はなかなか上手くできません、、、手伝ってもらいながら、なんとか練りは終了。

いよいよ形づくりです。

手に水をいっぱい含ませ、私が作りたいお椀の形にしていくのですが。。。気持ちどおりになってくれません。どうしても、遠心力で、お椀の淵が広がっていっちゃうんですよね。

50-08tougei1.JPG

それでも、何とかお椀の形になったかなぁ〜と思ったら、あらら、小さなコップになっていました、、、ろくろを回転させて、土を触っているうちに、土がどんどん削られてしまって、お椀になるはずだった量がたりなくなってしまったんです。アララ、、、手際よくしないといけないんですね。。。

一日目は、それでおしまい。

次の日、土が少し乾いている状態で、コップの裏底を削っていきます。また、ろくろを回し、彫刻刀のようなものを使います。

これが、なんだか気持ちいいんですね〜。まるで、りんごの皮むきのような感じ(笑)。裏底に、自分のサインを小さく入れて、終了。

50-08tougei2.JPG

詳しく教えてくれるお隣さんの先生が、私が作ったコップも焼き場へ持って行ってくれました。

そのまま素焼きでもいいんですが、せっかくなので、コップに絵を描いてみることにしました。後日、工房へ行きます。

何を描こうか、いろいろと迷ったんですが、結局、幸せを呼ぶ四葉のクローバーと、ニュージーランドファーンを描きました。やっぱり幸せであり続けたいですもんね〜

もう一度焼いて、出来上がりです!

50-08tougei5.jpg

最後に、こちらの工房で20年以上も陶芸をされているご夫妻と写真を撮ってもらいました。絵付けも、焼くのも、たっぷりとお世話になりました。ご主人のクアランティーンさんは、日本へ行ったことがあるらしく、日本の陶芸は素晴らしい!と感動しておられました。私は、陶芸初体験ですが、そう言って褒めてもらえるのはうれしいですね!

さて、出来上がったコップとご対面!

50-08tougei4.JPGさらに小さくなっていましたが、手作りだけあって、愛着たっぷりです!小さいころにやっていた粘土遊びを思い出しました。あのころのほうが、もっと上手かった気がするんだけどなぁ・・・

お隣さんのおかげで、陶芸をやってみることができました!ニュージーランドで手に入る土は、日本と比べてずい分安いらしく、お手軽にできるのもいいですね!

ホント、いい体験をさせてもらいました〜☆

たかさん♀



いつも読んでいただきありがとうございます♪
これからもせかたび夫婦を応援してくださる方、こちらのクリックをよろしくお願いします♪
↓↓↓
『人気ブログランキング』




アイルランド(Ireland)
イギリス(UnitedKingdam)
イスラエル(Isurael)
イタリア(Italy)
インド(India)
インドネシア(Indonesia)
デンマーク(Denmark)
エジプト(Egypt)
エストニア(Estonia)
トルコ(Turkey)
ドイツ(Germany)
オーストリア(Austria)
オランダ(Netherlands)
ニュージーランド(NewZealand)
ノルウェー(Norway)
クロアチア(Croatia)
ハンガリー(Hungary)
バチカン(Vatican)
ケニア(Kenya)
フィンランド(Finland)
フランス(France)
ブルガリア(Bulgaria)
ザンビア(Zambia)
シリア(Syria)
スイス(Switzland)
スウェーデン(Sweden)
スペイン(Spain)
スロヴァキア(Slovakia)
セルビア(Serbia)
タイ(Thailand)
タンザニア(Tanzania)
チェコ(Czech)
ボスニアヘルツェゴビナ
ポーランド(Poland)
ポルトガル(Portgal)
モンゴル(Mongolia)
ヨルダン(Jordan)
ラトビア(Latvia)
リトアニア(Lithuania)
リヒテンシュタイン(Liechtenstein)
ルーマニア(Romania)
レバノン(Lebanon)
ロシア(Russia)
世界一周旅行の準備
台湾(Taiwan)
中国(China)
南アフリカ(South Africa)
日本の魅力(Japan)

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

●オークランドのヌードパレード写真集 (8/29)
●スカイタワー再点灯しました (8/ 8)
●ニュージーランドで陶芸体験 (8/ 1)

2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年09月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年04月
2007年03月
2007年02月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年09月
2006年08月
2006年07月
2006年06月
2006年05月
2006年04月
2006年03月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
世界一周旅物語(せかたび)−世界のいまには夢がある!
E-Mai:mail@sekatabi.com   URL:http://www.sekatabi.com/
●相互リンクをご希望の方へ こちらで受付中です! ●テキストリンク広告 メールで受付中です!

世界一周旅物語(せかたび) Copyright © 2004-2017 All Rights Reserved. HP